林 美由紀

林 美由紀

アウトドアでもぐっすり眠りたい……。

そんなワガママを叶えてくれるロゴスの新作アイテムが登場!

アウトドアなのにまるで家で寝ているかのように快適に寝ることができそうですよ。

厚さ9cmの極厚ベッド

LOGOS セルフインフレートベッド  25,704 円

ロゴスの新作「セルフインフレートベッド」は厚さ9cmの極厚エアベッド!

やわらかな肌触りで、サイドのマチの部分がマットレスの形状を保持してくれるので安定して眠ることができそうです。

これはめちゃくちゃ快適そうだな〜。

不便さを楽しむアウトドアに、極厚のベッドを持っていくチート感……。

それもまた楽しいかもしれませんね。

空気入れもカンタン!

エアベッドなので空気を入れる必要がありますが、このベッドはバルブを回転させるだけで、自動的に空気を吸入できる「セルフインフレ―トシステム」を搭載しています。

空気を抜きたい時は、空気の逆流防止構造が採用されているため、バルブをひっくり返すだけでスムーズに空気の排出ができます。

面倒くさい空気入れの手間も少なくて済むのは嬉しい〜!

さらに、付属の収納袋はポンプの代わりになる特殊な構造になっており、空気入れとしても活用できるのだそう。

本体のふくらみが足りない場合は、収納袋とバルブを繋げて空気を送り込むことで、ベッドを好みの硬さに調節可能です。

圧縮すればコンパクトに

極厚にもかかわらず、圧縮すれば直径22cmほどの筒状のコンパクトサイズに!

収納袋に入れれば、保管や持ち運びに便利ですね。

アウトドアはもちろん、自宅の来客用ベッドとしても使えそう!

アウトドアを裏技で攻略するような極厚ベッド、わたしはアリだと思います。

あわせて読みたい:



LOGOS セルフインフレートベッド [PRTIMES]

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking