岡本英子

岡本英子

1877年創業、ノルウェーの老舗アウトドアブランド、ヘリーハンセン

「クラフトな遊び心地」を掲げるROOMIEが、コレはワクワクする!と興奮したアイテムを定期的にご紹介していきます。

今回はヘリーハンセン 原宿店から、新作のハットをご紹介!

ヘリーハンセンの人気ハットがアップデートして登場!

HELLY HANSEN「Adventure Hat」 ウェットロープ ¥5,400(税込)

今季アップデートして新登場した、ヘリーハンセンの「アドベンチャーハット」

アウトドアから普段使いまで、幅広いシーンで活躍する人気のハットです。

一見普通のハットですが、見た目だけではわからない工夫がたくさん詰まった、かなり優秀なアイテムでしたよ!

フィット感バツグンの心地よさ

 

今季モデルは、頭の形にフィットするようなパターンを採用していて、パネルは3枚になっています。

一般的なハットより使っている生地が少ない分、ステッチも少ないのでかぶりやすく、フィット感がバツグンなんです。

とヘリーハンセン 原宿店スタッフの蛯原さん。

毎年店頭に並ぶ定番のアイテムですが、今期の「アドベンチャーハット」はアップデートされた生地が特徴。

三者混マイクロウェザー(ポリエステル、綿、ナイロン)を採用し、乾きやすさと強度のバランスがいいんだとか。

触り心地は滑らか&ナチュラルな風合い。

桃の皮の表面のような風合いの『ピーチタッチ』は、今季モデルならではです。(蛯原さん)

あご紐は取り外しできる!

アウトドアで使うときには便利なあご紐ですが、普段使いするには邪魔になることも……。

ところがこのハットなら、あご紐の取り外しができちゃうんです!

トレッキングとか、カヤックを漕ぐときは紐をつけて、街では外して、など、使い分けてかぶっていただけます。(蛯原さん)

でもね、あご紐を外すのはいいけど、なくしたらどうしよう?そう思った方、安心してください。

実はハットの裏側に、ちょっとうれしいひと工夫が……。

総裏メッシュの裏地には、小さなポケットが…

裏側は通気性のいいメッシュ仕様

汗をかいても蒸れずにサラッとかぶれそうです。

さらによく見ると小さなポケットがついていて、取り外した紐を収納できるように!

なくしやすいあご紐も、ハットと一緒に持ち歩けるのはかなり安心。

細かいところまで気が利いていますね。

つば広ハットで日射しをカット

これからの季節、気になるのが日射し。眩しいし、日焼けはしたくないし……。

そんなときも、この「アドベンチャーハット」は、つばがやや広いので日射しを遮ってくれるのがうれしい!

その上、紫外線を85%以上もカットしてくれるUVケア機能まで施されているから心強いんです。

アウトドアに、旅行に、タウンユースにと、幅広く使える「アドベンチャーハット」。

カラーは、今回蛯原さんが被っているウェットロープの他、ブラックも展開しています。

かぶり心地も機能性もバツグンだから、これからはじまるゴールデンウィークには引っ張りだこになりそうですね〜。

アドベンチャーハット[HELLY HANSEN]

あわせて読みたい:



Photographed by Kayoko Yamamoto

岡本英子

フリーライター、薫物屋香楽認定・香司、水引アーティスト。ラジオのショッピング番組台本などを書いています。また、和の香り文化を伝える「香司」、水引アーティストとしても活動し、都内を中心にレッスンを行なっています。休日はヨガ、ピラティス、サウナで整えつつ、お酒を飲みながら過ごしています。好きな食べ物は餃子とソフトクリーム。インスタグラムでお香や水引の情報を発信しています。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking