林 美由紀

林 美由紀

3

雨の日に車に乗ると、傘をどこに置くか迷います。

床に置いても傘が汚れるし、立てかけるとシートが濡れてしまう。
どっちにしても車の中が雨のしずくでビチョビチョに……。

この問題の解決法とは?

傘ケースを設置する

Image: Amazon.co.jp

簡単な方法のひとつは「傘ケース」を活用すること。
ナポレックスの「車用 傘ケース」なら、運転席や助手席のヘッドレストにベルトを通して引っ掛けるだけで設置完了です。

Image: Amazon.co.jp

素早く開閉できるフラップ構造&面ファスナーが採用され、ガバッと大きく開くので、傘が入れやすくなっています。標準サイズの傘4本と折り畳み傘かジュニア傘1本の合計5本を収納できます。

これなら家族や友人の分をまとめて入れることができますね!

水捨て簡単

Image: Amazon.co.jp

傘ケースの下部のポケットに水がたまる仕組みになっており、ポケットをサッと取り外して、水を捨てることができるので、ずっとジメジメしているという状態は回避できます。

抗菌、防臭加工

Image: Amazon.co.jp

傘ケースの本体の生地には抗菌・防臭加工が施されおり、臭いの元となる菌の繁殖を抑えることで、防臭効果も期待できます。
また傘ケースとして使用しない時は4つ折りにしてベルトに通すことで、コンパクトになるので、邪魔になりません。

雨の日は車に乗ったら傘をケースに入れる。
シンプルだけど、たったこれだけで、雨の日に車の中が傘のしずくでビチョビチョになる問題は解決できますね!

車用傘ケース [Amazon]
3

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking