sato

sato

3

コートなしでお出かけできる日も増えてきました。

気分まで軽やかになってうれしいんですが、コートやウールニットを脱いでからTシャツ1枚で過ごせるまでって、実は何を着たらいいか迷走ぎみ

厚くも薄くもなくて、この季節にちょうどいい服……と、思っていたらパタゴニアで見つけました

アウトドアブランドならではの素材

patagonia ウィメンズ・パステル・P-6ラベル・アーニャ・クルー・スウェットシャツ 7,020円(税込)

ウールニットからのシフトとしてスウェットっていい位置なんですが、ヘビーウェイトすぎるとこれからの季節ちょっと暑いかもなんですよね。

このパタゴニアのスウェットは、スウェットの中でもかなり薄手

素材もコットン100ではなく、オーガニックコットンとポリエステル混紡フリースに微量のポリウレタンを加えています。

裏側は起毛していて、気温が変わりやすい春にちょうどいい温かさです。

軽くて動きやすい

着てみると、まずとっても軽いストレッチも効いてとても動きやすいです。

そして一見ふつうのスウェットですが、形もさりげなくきれい。

動きやすさも兼ねたラグランスリーブやちょっと詰まり気味のクルーネック。

気持ち長めの袖のリブもいい感じです。

アウトドア感薄めのボトムスに合わせても、すんなりまとまります。

残念なところ:もっとカラーバリエがあったらな

今のところグレー、ネイビー、薄いブルーの3色展開

ブラックやベージュなんかもあるとより街着に合わせやすい気がします。

ロゴにもこだわりが

なんかオシャレだなと思ったら、ロゴにもこだわりが。

ビンテージのパタゴニアのラベルをヒントにした、織り素材のラベルを採用しているそう。

細かいようで大事なポイント。

機能もデザインも春にちょうどいいスウェット、着心地もいいのでついつい手がのびてしまいそうです。

ウィメンズ・パステル・P-6ラベル・アーニャ・クルー・スウェットシャツ[patagonia]

合わせて読みたい:



sato

ライター/コピーライター。広告制作会社と化粧品メーカー宣伝制作部を経てフリーランス。2ヶ月間旅に出てみたり、2泊3日で山に登ってみたり、家ソトも大好きだけど、いちばんのお気に入りスポットは我が家のソファーの上。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking