Bon-Masu

Bon-Masu

11

最近街使いでも人気なアウトドアウェア、商品説明にインサレーションというワードを目にすることありませんか?

インサレーションとは断熱材の意味です。

より多くの空気を含むことが断熱効果を上げる、代表的なのがダウンですね。

ダウンに勝る性能の断熱材を、人類はまだ作り出せていないようです。

人工素材のインサレーションは、ダウンの劣化版という捉え方をせずに、

別な機能の断熱材として利用していけば良いという訳です。

Patagoniaのナノパフ・ベスト

Patagonia ナノ・パフ・ベスト 税込20,520円

「Patagonia」のナノ・パフ素材は、ダウンの弱点である、濡れたり蒸れたりする状況にも、

あまり防寒しなくて良い状況にも、最適なインサレーションウェアです

ナノ・パフのジャケットも、寒い時期の山は釣りに愛用していますが……。

どんなシーンでも使えるウェアとして、ベストがベストだと思います。

防風性はあるよ

程良い暖かさ、程良い厚みに程良い収納性、デザインやカラーも好きですね

裾に使いやすいドローコードがついています。

ナノパフは防水ではありませんが防風性はあります

このため、防寒着として休憩中に羽織るような使い方になります。

汗をかくような状況では脱ぎましょう。

もちろん、活動量の少ないアクティビティや、気温の低い状況であれば活動中にも利用できます。

収納もできるウェア

ベストの左胸の内ポケットに収納ができます。

収納サイズは本1冊程度、重量は227gですね。

カバンに入れておけるサイズに

ダウンは使わない時は、圧縮しないでゆったりした袋に入れて保存する必要がありますが、

ナノ・パフは小さく畳んだままでも問題ないので、いつもバッグに入れておくような使い方ができます。

濡れても平気なウェア

中綿の「プリマロフト・ゴールド・インサレーション・エコ」という素材は、撥水性も備えています。

濡れても98%の保温性能を維持できます。 

雨の中のスピードハイクのように活動量の多い場合は、アウターとして使うこともできます。(インナーとして使うと汗で濡れてしまうような場合ってことですね。)

撥水加工されていても、徐々に水を含んでいきます。

重たくなってきたら、絞ってまた着ます

この使い方をトレイルランナーから教わって、是非やってみたいと思い購入。

絞って着るという機会はまだ3回しかありませんが、なかなかの非日常感。

だって山でウェアの水を絞って着るって、グッときませんか? 春夏の雨が少し楽しみになりましたよ。

何にでも使える多様性

濡れても平気ということは、普通の衣類としてガンガン洗える

ダウンだと洗濯の手間がかかってしまうので、1シーズンに2〜3回しか洗濯しません。

このナノ・パフは普通の衣類の頻度で洗えます、これは本当に嬉しい。

いつでも使っていたくなりますね、職場が寒い時や、家でくつろぐ時にも

リサイクルウェアを使い倒す

最後に、中綿の素材はリサイクルポリエステル55%です。

このような人工素材でもリサイクルを徹底しているところ、さすがです。

これからはリサイクル率の高いウェアを、汎用的に使っていく時代だと私は思います。

気になった方は、是非使い倒してください

Patagonia公式 ナノ・パフ・ベスト

あわせて読みたい:



Bon-Masu

盆栽を人に教える仕事をしています、家でも庭にいることが多いです。 休日は釣りに登山、気ままにアウトドアを嗜んでいます。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking