sato

sato

3

まだまだ肌寒くても、春になると紫外線の量が一気にアップ

そろそろ本気で日焼け対策をしなくては……。

そういえばパタゴニアに気になってたハットがあったんだよなぁ〜。

デザインだけじゃなかったよ

ウェーブフェアラー・バケツ・ハット 5,400円(税込)

これ被っている人をけっこう見かけて、その度にいいなぁと思っていたんです。

コンパクトでそれほどアウトドアっぽくないので、いろいろなファッションに合わせやすそうだなと。

今回購入しようとして、そのスペックの高さをはじめて知りました。

海でも山でも…街でも!

まずこの生地なんですが、パタゴニアの定番、ウェーブフェアラー・ボード・ショーツと同じ素材。

水に入ること前提のボードショーツと同素材というだけあって、撥水性も速乾性も抜群

ちょっと硬めのつばには、水に浮くフォームがIN。試しに水に浮かべてみたら……

確かに浮きました。

そしてとっても軽いので被っていてストレスゼロ

フェスや登山にはもちろん、SUPボードやカヤックなど海や川のアウトドアにぴったりではないでしょうか。

残念なところ:女性にはちょっと大きいかなぁ

S/MかL/XLの2サイズ展開。ユニセックスでありがちなんですが、S/Mでも少し大きい気がします。

すぐに脱げてしまうほどではないですが、強風だと飛ばされてしまうかも……。

市販のサイズ調整テープなどで調整しようかなと考え中です。

携帯性もバツグン

内側にはポケットが付いていて、本体をくるっとしまえるようになっています

バックにしのばせて必要な時だけサッと被れるので、街へのお出掛け時にも重宝しそうですよね。

渋めの色もあるので、色違いで欲しくなっちゃいました。

ウェーブフェアラー・バケツ・ハット[patagonia]

合わせて読みたい:



3

sato

ライター/コピーライター。広告制作会社と化粧品メーカー宣伝制作部を経てフリーランス。2ヶ月間旅に出てみたり、2泊3日で山に登ってみたり、家ソトも大好きだけど、いちばんのお気に入りスポットは我が家のソファーの上。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking