tsuzuki

tsuzuki

「モノへの愛を伝えたい」ROOMIEエディターたちによる私物へのアツい想いをお届けします。

3月1日からリニューアルオープンして広くなったBshop新宿ルミネ店で、ワークウェアブランド・DANTONの新作「スタンドカラージャケット」を購入しました。編集部員Sです。

色はベージュ。日が差すと光沢感も感じられるので地味な印象はなく、春らしい色合い。サラっとした着心地も大満足で、このところ毎日のように着ています。

もともと存在は知っていたものの、Bshopのアイテムを購入し始めたのはここ数年。でもそれは欲しいアイテムがBshopにしかなかっただけ。

Bshopに置かれるアイテムの「バランスのよさ」に気づき始めたのは、ここ最近のことです。

機能性重視

これまで僕は、購入する服のジャンルを特に決めていないものの、「機能性」と「ラクさ」は大切にしていて。アウトドアブランドのアイテムやキャンパー向け用品といった、快適に過ごせる服ばかり選んでいました。

でも年を重ね、20代後半。まもなく30歳。

会社に「ラクすぎる格好」で出勤するものもどうかと考える自意識が芽生え、落ち着いたものへとシフトし始めました。

inliving.降臨

そんな中、急激に僕の心をザワつかせたのは、今年の1月に会社の後輩から教えてもらったYoutubeアカウント「inliving.」。(知らない方は調べてください)

ど丁寧な彼女の暮らし動画を何本も見るうちに、inliving.的なもの(毎朝透明の皿に移し替えて食べるヨーグルト、料理の際に必ず出てくるシリコン製のスパチュラ等)を真似して買っている自分が。

そして服も、メルカリでアウトドア系の服を売りさばき、無印良品でいいのではないか……と思うように。

しかし踏みとどまります。

「この道を進んだら、これまで自分が敬遠し続けていた生活―――要素的にリネン、土鍋、断捨離、ポエム等―――まで行ってしまう。全っ然ワクワクしないし、マジでおもしろくない」と。

inliving.への関心は、自分のミーハーな心の揺らぎによるもの。そう信じて。

Bshopの“ちょうどよさ”たるや

そこで、Bshopというわけです。この店の立ち位置は、本当に、本当にちょうどいいのです。

カジュアルで普遍性の高いアイテムが揃っている中、商品をしっかり見てみると、長く使えるものが多い。

中でも代表格のブランド「DANTON」は、もともとガーデニング用エプロンや料理人のユニフォームなど、業務用としての顔があります。その点、機能性の高さは言うまでもなし。

僕の服選びで確定したことは、まずBshopのアイテムを確認する、というルーティン。この店には、欲しいものが溢れています。

DANTON スタンドカラージャケット DUK MEN [Bshop]

tsuzuki

暮らしに役立つ情報と、役立たない情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking