むく太郎

11

いよいよ新生活スタート!

緊張をほぐすかのように、休日はスマホにSuicaとコインケースを持って、サクッと近場をぶらり旅。

どうせなら、身も心も軽くして街に繰り出したい

そんなときこそピッタリのサコッシュが、バックパッカーから絶大な支持を得るブランドGREGORYから展開されています。

「タフさ・機能性・デザイン」の三拍子

GREGORYクラシックサコッシュM 5,400円

こちらがGREGORYから販売されている「クラシックサコッシュM」。

コンパクトでスマートな使い心地ながら、いたるところにグレゴリーのギミックが凝縮されています。

安定のタフさ。まさにアウトドアクオリティ

本体の重さは、160g。サイズは、縦20×横27cmで、B5サイズを一回り大きくしたようなサイズ感です。

生地は、デイパックなどにも使用されている耐磨耗性、耐水性をバランスよく備えたGREGORY定番の厚手生地

街遊びはもちろん、アウトドアでももちろん気兼ねなく使えます。

無印のメモパッドもスッキリ収納

はがきサイズで厚さ2cmの無印のメモパッドも違和感なく収まります。

作業や仕事にも使えそうだなぁ。

フロント部は仕切られたポケット収納が2個

iPhoneとお気に入りのハンドクリームは、サッと取り出せるようにメッシュポケットへ。

斜めラインで配置されたポケット、こういうとこがいいですよね。

ジッパープルも安定の皮革仕様

これがグレゴリーの真骨頂といっても過言ではないポイント。

皮革のジッパープル、タフで味があります。

まさにデイパックがそのままサコッシュになったような……使っていくごとに深みが増していきます。

バックポケットはスナップボタンでシンプルに

フロントだけじゃなく、バックポケットも使い勝手よし

スナップボタンだから、とっさの開閉も楽にできますね。

ショルダーストラップもお好みで調整可能。

このストラップは、取り外しもできるので自分好みにカスタマイズもOK。

気になるところ:マチなしなので、荷物は限られる

気になるところは、「マチがない」こと。

本当にスタイリッシュな作りだけに、容量は多くありません。

スマホと財布、そして薄めの手帳や小物があとひとつ入るかなという具合。

ちょっとした外出や旅行先での散策用など、ある程度用途は限られそうです。

始まりの季節こそ、手ぶら感覚で

慌ただしい新年度、つかの間の休日は気の合う仲間とサクッと集合。

ようやく出番が減ってきたアウターを脱いだなら、はずせない小物たちをGREGORYのサコッシュに。

このスタイリッシュなサコッシュが作り出す「手ぶら感覚」でいつもより街歩きが充実するかもしれませんね。

[グレゴリー] ショルダーバッグ 公式 クラシックサコッシュM [Amazon]

合わせて読みたい:



妻が一軒家でパン屋を開業することをきっかけにDIYを始め、次第にのめり込む。 工具の持ち方も知らない状態から、ハンドメイド家具の販売、店舗改装、什器製作、メディアでの執筆やTV番組の制作協力も行う。 2019年から、登山やキャンプなどアウトドアフィールドでの活動も拡大。 「自作のアウトドアギアでキャンプをもっと楽しく」が最近のテーマ。

feature

たくさんの荷物を持たず、構えず、身軽に爽やかにタウンを歩く。そんなイージーなライフスタイルをご紹介。さぁ「ミニマリスト」から「ミガリスト」へ!

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking