Fukuko

Fukuko

29

国産アウトドア総合ブランドの雄、モンベル。

「クラフトな遊び心地」を掲げるROOMIEが、コレはワクワクする!と興奮したアイテムを定期的にご紹介していきます。

今回はモンベル 恵比寿店からお届け。

満を持して登場のオリジナル

モンベル 「バグプルーフスタンモック」 19,800円(税別)

さて、今回取材陣がセレクトさせていただいたのは、ROOMIEでも人気の高いハンモック

「ハンモックは人気で、店舗でもよく問い合わせいただいてたんですよ。でも、扱いがなくて……」

そう話してくれたのは、モンベル恵比寿店 店長の狩野さん。

そんなユーザーからのニーズに応える形で2年ほど前に登場したのが、モンベルオリジナルの「バグプルーフスタンモック

木などに吊り下げるタイプの問い合わせも多いそうですが、扱いはこの固定式のみ。

さて、では気になる使い方の方はいかに!?

類をみない安定感!

バッグから取り出したら、ハンモックを吊るす台となる脚部を広げていきます。

「安定性と安全のために頑丈なので、脚の部分はけっこう重いんです」

でも、このどっしりした造りがもたらす安定感こそが、ユラユラしながらゆったりくつろげる秘訣。

専用の収納バッグも含めると14kgありますが、その分、耐荷重は100kgとかなり余裕があります。

組み立てもシッカリ!

「シートのみだと形が崩れやすいので、ここにフレームを入れます」

ハンモックにフレーム!?と驚いてしまいましたが、しっかりテンションされた頼もしそうなシートを見るとなるほど納得。

それにしても、ネットのように細長くなるタイプとはだいぶ違う印象ですね。

あのタイプは乗るのが難しいんですよね。これはその点でも使いやすいんです」

このシートを脚部についたフックにかけてあげれば、ハンモックとしての形がほぼできあがります。

「あ、これ動けなくなるやつだ……」

さらにバンドをかけて脚部につけると、ゆらゆらを楽しめつつ安定感も抜群なハンモックの完成!

グラグラ不安定だったり、グルンと回ってしまって落っこちるようなこともありません。

ハンモックに横から腰掛けて、そのまま遠慮なくゴロンと横になれるのがたまりません!

実際に寝かせていただいた感想としては、「あ、これ動けなくなるやつだ……」(笑)

しっかりとした弾力浮遊感に、グラグラしてるとウトウトしてきます……。

いよいよ秘密基地へとトランスフォーム!

さて、ここからはお楽しみ倍増のスペシャルな使い方をご紹介!

なんとこのシートを覆う蚊帳がついているんですよ、もちろん標準装備で!

メッシュになっているので、閉塞感は少なめ。明るいところでは外からは見えづらく、中からは思いのほか外がよく見えます。

ベッドとして十分使えますよ。夜は、星空を見上げるのも楽しいです!」

安定感のあるハンモックに揺られながら美しい星空を眺める夜……

しかも虫刺されの心配もないなんて、キャンプにおいてこれ以上の贅沢はあるんだろうか……。

運びやすい工夫もうれしい

脚部はかなりしっかりした造りなので、たたんで専用のバッグにしまってもそれなりの長さ。

でも、バッグについているストラップは長めで背負うこともできるんです。

「気持ちよさそうだけど不安定で怖い……」という従来のハンモックのイメージ。

それを覆した「バグプルーフスタンモック」ですが、それでいてお値段は19,800円(税別)というリーズナブルさ。

贅沢なベッドにもなると考えると、この金額はかなり魅力的。

安心しておこもりできるこんな秘密基地があれば、キャンプの夜がより一層楽しみになりそうですよ!

バグプルーフスタンモック

あわせて読みたい:



Fukuko

くいしんぼうのエディター&ライター。旅をこよなく愛し、おいしいものとライフスタイルをステキに彩るガジェットを求めて、広くて狭い地球を飛び回る江戸っ子。飛ぶように軽くどこまでも歩ける靴と、付け替え用の胃袋がほしいなぁと夢見る毎日……だけど、おうちも大好き。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking