髙阪正洋

髙阪正洋

デザイナー石川俊介によって2003年に生まれたマーカ(marka)に端を発するメンズブランド、マーカウェア(MARKAWARE)

洋服づくりにおける全アプローチを国内で行い、大人のための洗練されたハイエンドガーメントを提案します。

「クラフトな遊び心地」を掲げるROOMIEが、コレはワクワクする!と興奮したアイテムを定期的にご紹介していきます。

今回は、中目黒にあるマーカウェア直営店、パーキングからお届け。

ウールのセットアップ最強説

コンフォートフィットレギュラーカラーシャツ税別30,000円 / パンツ税別32,000円

着心地は、まるでパジャマ。

たおやかに風に揺れるシャツと組下のパンツは、SUPER120というウール生地でつくられています

「ウールなので、ずっと着ていても臭くなりません。夏場に汗をかいてニオイがついたとしても、風呂場に干していればすぐに取れてしまう」

と教えてくれたのは、ショップマネージャー/プレスの山本さん。

アウトドアのベースレイヤーとしても取り入れられるウールウェアなだけに、その効能は明らか。

実際にパジャマや部屋着として使うってのはかなり贅沢だけど、やわらかな肌触りも相まって、心からだらんとリラックスできそうだよ。

なにを羽織ったっていい!懐深いねぇ

とはいえ、そこはセットアップシャツ

姿勢と表情さえピシッとしてみれば、それについてくるように途端にきっちり感が漂います。革靴なんかを合わせてみれば、それはもうすっかり外着の顔。

事実、デザイナーの石川さんも「上下着てれば楽チンだし、そのまま外食したりもできるようにとつくりました」とのこと。

また、山本さんも「コート、ジャケット、ブルゾン、どんなタイプのアウターを適当に選んで羽織っても、ハマると思います」とのことなので、実際に羽織ってもらいました。

これはたしかに……! ゆるさのあるセットアップとアウターとの組み合わせがかなりの好相性!

コーディネートを考える煩わしさからも解放されそうだ〜。

パンツもいい感じよ〜

そのディテールワークにも注目したいところ。細かな要素が、全体の雰囲気にしかるべく反映されているのがわかります。

袖口にはプリーツが入っていて、上品さをプラス。

綺麗なドレープに一役買っているのが、裾に入った深めのスリットでしょう。ポケットに手を入れやすいのもいい。

またスラックス風のパンツは、実はウエストゴムのイージー仕様。九分丈なので、ある程度ボリュームのある靴を合わせても。

山本さん曰く、タックインしてウエストをぎゅっと絞ると、まるでツナギを着ているように見え方が変わって面白いのだとか。

パジャマのように快適で、そのまま外出してもサマになるなんて。これじゃ、休日のダラダラ生活にいよいよ拍車がかかりそうだよ……!

[MARKAWARE]

あわせて読みたい:



髙阪正洋

ファッション、ライフスタイルまわりで、編集・ライターのいろはを学び、ひた走る日々。いつの日かROOMIEアイス部員に抜擢されんと、就寝前のアイスが20年以上やめられないでいることをココにしかと明言しておく。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking