髙阪正洋

髙阪正洋

2

デザイナー石川俊介によって2003年に生まれたマーカ(marka)に端を発するメンズブランド、MARKAWARE(マーカウェア)

洋服づくりにおける全アプローチを国内で行い、大人のための洗練されたハイエンドガーメントを提案しています。

さて、そんな中「クラフトな遊び心地」を掲げるROOMIEが、コレはワクワクする!と興奮したアイテムを定期的にご紹介していきます。

今回は、中目黒にあるマーカウェア直営店、パーキングからお届け。

「ウェイファーラー」って…?

ウェイファーラージャケット/パンツ(税別58,000円)

レイバンのサングラスのことだと思っていたら、「“ウェイファーラー”って、旅人っていう意味なんです」とショップマネージャー/プレスの山本さんがそっと教えてくれた。

今回も相変わらず、セットアップがサマになってますね〜……。

ちなみに、「ウェイファーラー」と名乗るワケは、旅を快適にたのしむための9つのポケット

「僕らマーカウェアは、あまりカバンというアイテムを提案しないんです。デザイナーの石川が“カバン嫌い”ということもあって(笑)。

その代わりとして、アウターには機能性を持たせるようにしています!」

身頃に配されたポケットは、それぞれ形やサイズが異なる。だからどんな大きさの小物でも、どれかのポケットには収まることでしょう。

こちらはアイウェアを入れておくのにも、ちょうどよさそう!

「ちなみに、こちらの縦長ポケットには、アイコスがすっぽり入っちゃいます」

着るひとのライフスタイルが、ポケットの中身に表れそうで面白いなぁ……!

フォーマルに見える、そのヒミツは…

これだけポケットがあるのにも関わらず、どうしてか、すんごく上品に見える不思議。

そのヒミツは生地にあります

もとは上質なスーツにも使われるトロピカルウールを採用しているので、大量のポケットがあるカジュアルなブルゾンも、この通り。途端にフォーマルな顔にしてしまう!

また、各所のディテールもその見え方に一役買っていて、リブかと思いきや切り替えが施してあるだけの裾は、絞りがないことによってストンと落ちるようなシルエットを実現。

また、ボタンやジップなどはこれでもかとシンプルに徹している!

中に丈長のものを着ても干渉しないので、スタイリングの幅も広がるってワケだ!

イージーパンツとスラックスの華麗なるフュージョン。

組下のパンツも、生地・シルエットともに上品この上なし。

しかし……

ウエストの後ろ側だけ、ゴムになっていました

前から見るとスラックスのようだけど、穿いている本人は快適でいられるというわけ。

これならベルト無しでフォーマルにも穿けるし、瘦せ型のひとでもパンツに変なヨレが出てしまうってこともない。

カバンに引けを取らない収納力と、スーツに負けない品の良さ、そして快適さというトリプルコンボをかます最強セットアップ

これなら、ふらっと出た旅先で、そのまま結婚式にだって出られちゃいそうだよ!

[MARKAWARE]

あわせて読みたい:



2

髙阪正洋

ファッション、ライフスタイルまわりで、編集・ライターのいろはを学び、ひた走る日々。いつの日かROOMIEアイス部員に抜擢されんと、就寝前のアイスが20年以上やめられないでいることをココにしかと明言しておく。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking