rate2

カフェインの摂取しすぎが悩み……

みなさんは、デスクワークのお供に何を飲みますか? 私はコーヒーを一日平均2、3杯は必ず飲みます。

さらに日本茶も大好き人間なので、ともするとカフェインの過剰摂取が気になります。でも、コーヒーもお茶もどうしても辞められない!

ノンカフェインのコーヒー風味飲料も試してみたことがあるのですが、すごく薄いコーヒーというか、麦茶のような味であることが多く、かえってコーヒーが恋しくなってしまうようなことが多々ありました。

日本未発売のラテパウダーを発見

0IMG_0934
ノンカフェインのラテパウダー。パッケージもお洒落!

今回、コーヒー風味ではありませんが、ノンカフェインかつ、仕事のお供によさそうなパンチのあるラテパウダーを発見したのでご紹介します。

それは、オーストラリアの100%ナチュラルなラテパウダーブランド「ジョメスファインフーズ」で日本未発売のもの。

ラテパウダーはなんと7種類も発売されていて、すべて砂糖、乳製品、遺伝子組換え大豆不使用、さらにグルテンフリー

チョコミントのようなラテはクセになる味

私が試したのは、「スパイシー ジンジャー ラテ」「ミンティカカオ ラテ」「ターメリック ラテ」の3種類。

どれも、ティースプーン半分か1杯分のパウダーを入れ、ミルクを混ぜるだけでヘルシーなラテができあがります。ミルクはホットでも冷たいものでも可。

0IMG_0946
左から、「スパイシー ジンジャー ラテ」「ミンティカカオ ラテ」「ターメリック ラテ」

いちばんのお気に入りは、味の想像がつかなさすぎて興味津々だった「ターメリック ラテ」。ターメリックとシナモン、ジンジャー、ブラックペッパーがブレンドされたラテで、ほのかに甘いココナッツミルクカレーのような味で美味。ブラックペッパーのピリッとした刺激もたまらなく好みです。

ピュアミントとカカオがブレンドされた「ミンティカカオ ラテ」は、上品な甘さのチョコミントドリンクのような味で、後味もスッキリ。夏場は冷たいミルクに混ぜてもおいしいかも。

「スパイシー ジンジャー ラテ」は、ジンジャー、カルダモン、クローブがブレンドされている刺激的なラテ。スパイスによる健康効果が期待できるのもうれしいところ。スパイスが強めなので、朝起きてすぐや、寝てはいけないときなどにおすすめです。

気分にあわせて飲み分けたい

3種類ともそれぞれ際立った個性のある味わいで、そのときの気分にあわせてチョイスできるのが魅力です。なによりも、カフェイン摂取の罪悪感がないのが嬉しい限り。

rate2

今はコーヒーや日本茶を1、2杯、あとはジョメスファインフーズのラテ飲料を1、2杯というスタイルがスタンダードになってきました。

味よし、香りよしのこちらのラテ飲料ですが、パウダーがミルクに溶けづらいのが困りもの。パッケージをよくよく読むと、パウダーに少しお湯を注いで、ペースト状にしてから、ミルクを注ぐときちんと書いてありました。

正しい手順で淹れればパウダーもきちんと溶けて、よりおいしくなりますので、みなさまもご注意くださいませ。

コーヒーの代わりは刺激的なラテ飲料で

これまで、コーヒーの代わりになるカフェインレスのコーヒーテイスト飲料ばかりを追い求めていましたが、今回ご紹介したようなパンチのあるラテ飲料のほうが、むしろコーヒーを飲むのと近い感覚で飲めるように思いました。

みなさまも7種類のフレーバーの中からお好みのものを見つけて、おいしくカフェイン摂取量を減らしてみてはいかがでしょうか?

[ジョメスファインフーズ]

カフェイン摂取のしすぎは要注意!

Ranking