野田 翔

73

こんにちは、ROOMIE編集長の野田です。

早速の本題ですが、ミニマルウォレットやサコッシュなど「身軽でいたい」に答えてくれるアイテム集、『身軽スタイル』を新たに始めます。

身軽に気軽にタウンで暮らしたい

何を隠そう、この連載は、大人気のレビュー連載「マイ定番スタイル」の1,000回記念で生まれたスピンオフ企画!

最近ROOMIE読者の皆さまにアツく支持されるアイテムって、やっぱりサコッシュやミニマルウォレット、ネックウォレットで。

かくいう僕も、最近では大きなバッグやリュックを持たず、サコッシュ1つで会社に行ってます。

中にはサイフとスマホ、名刺入れにキーケース、STANLEYのマグしか入ってません。

やっぱり感覚として、張り切って着飾って外に出るよりも、「身軽に、気楽にタウンで暮らしたい」っていう感覚がどこかにあるんですよね。

さぁ、「ミニマリスト」から「ミガリスト」へ!

未だ人気の衰えぬ「ミニマリスト」な風潮。

だけど、そんな中、僕らROOMIEが新たに提案したいのは「ミガリスト」というあり方です。

それって、ただ身軽なアイテムを持つ、というだけに止まりません。

ミガリストにとって、部屋は羽を休めるベースキャンプとしてありつつ、タウンやアウトドアをハードル低く行き来する。

それゆえに、ミガリストとは例えるなら波のようなものだと僕は思っています。

平日休日を行き来し、部屋タウンを行き来し、そしてタウンアウトドアを行き来する存在。

それでいて、「アイツは〇〇じゃないからダサい」みたいなことじゃなく、お互いのスタイルの違いを見下さず尊重する関係性を築く。そのスタンスは波のように透明で、柔らかく爽やかで。

たとえば僕の場合は、友達やパートナーと、お酒でも飲みながら面白いアイテムが揃う問屋街やら、今あらためて逗子の海岸線を歩いてみたり……。

時に、アウトドアに向かう朝6時のクルマの中で、Yogee New WavesやらAwesome City Clubやらの曲を流して歌ってみたり……。

そして夜は焚火をしながら、今好きなモノをしっぽりと語り合ったり……。

なによりもそれは別に、たとえば地元が町田の人が銭湯行ってから、仲見世商店街でフラッと友達と飲んでる風景でもよくて。

ただただ、肉体的に身軽なだけでなく、精神的にも身軽であるような。そんなあり方を「ミガリスト」と捉え、ROOMIEは提案していきたいのです。

ということで、新連載「身軽スタイル」をよろしくお願いします!

↓こちら↓

ROOMIE編集長。趣味は植物漁り、インテリアショップ&古着屋巡り、アウトドア、銭湯、映画とマンガと児童文学、そしてゲーム。自販機のお釣りをとるのが世界一ヘタクソ

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking