スニーカー

ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

9

「おしゃれは足元から」

……とよく言いますが、おしゃれかつひとくせもふたくせもある(いい意味で)靴を、ROOMIEでは3月もたくさん紹介してきました。

今回はそんな中から、ROOMIE編集部が3つをピックアップ!

①無印良品の踵の衝撃を吸収するスニーカー

スニーカー

無印良品 「踵の衝撃を吸収するスニーカー」 3,990円(税込)

「踵の負担を軽くするため、衝撃を吸収するインソールを使用しました。」という無印のニューフェイス。

インソールを指で押してみると、柔らかすぎず、硬すぎずな、しっかりしたクッションが足を守ってくれます。

スニーカー2

また、無印の定番の「疲れにくいスニーカー」が両足600gに対し、こちらのスニーカーは、両足250gというおどろきの軽さ。

スニーカー3

いわゆる“スニーカー”を普段履かない人にも取り入れやすい、無印らしいシンプルなデザイン

これだけ快適だったらウォーキングでも始めたくなりますね!

詳しくはこちらから↓

②MUJI Laboのスリッポンスニーカー

MUJI Labo 「甲ゴムバンドスリッポンスニーカー」 3,990円(税込)

無印良品のベーシックラインMUJI Laboから新しく登場した、「甲バンドスリッポンスニーカー」

特徴は、甲の部分が伸縮性のあるゴムになっているところ。

おかげで、紐のスニーカーに比べて格段に脱ぎ履きがラクなんです……!

シックなブラックカラーと履き口が浅いデザインは、カジュアルになりすぎないところが◎。

きれいめな格好にも合うのでコーディネートの幅が広がりそうです。

普通のスリッポンに飽きてしまった方や、スニーカーのコーディネートがいまいちキマらない……という方にもおすすめ。

詳しくはこちらから↓

③ワークマンの動きやすい革靴

安全靴ワークマン「AS21DX 安全靴 短靴 (JIS規格 適合品)TC」 3,500円(税込)

ワークマンの「安全靴AS21DX」

ワークマンってバレない程度のデザインを保ちつつ、機能性は高いので子どもと遊びまくる休日にはぴったり

安全靴2

この安全靴は工業用につくられた製品で、日常使いには頑丈すぎるほど……。

しかし子どもと遊んでいると靴を踏まれたりすることはしょっちゅうなので、このくらいがちょうどいいのかも。

靴底には滑り止めも付いているので、雨の日や滑りやすい場所でも安心です。

安全靴4

靴がすきな人でも、子育てがはじまるとスニーカー一択になってしまうことが多いですが、そんな人にこそ新しい一足としておすすめ

詳しくはこちら↓

あわせて読みたい:



ROOMIE編集部

ROOMIEエディターたちが研究員となり、最新のアイテム情報を収集したり、みなさんの部屋を訪問。好奇心を刺激する「暮らしとスタイル」にまつわるすべてのことを研究していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking