舟津カナ

舟津カナ

2

オフィスや学校、アウトドアに持っていきたい、水筒。

保冷・保温性が高いサーモボトルは便利だけれど、つくりがしっかりしている分、重くなりがち……。

サーモボトルのようにハイスペックで持ち運びにも軽いボトルが欲しい……。

持っているのを忘れるモンベルのサーモボトル

モンベル アルパイン サーモボトル 0.5L

モンベルの「アルパイン サーモボトル 0.5L」

見た目はアウトドアブランドらしくしっかりしたつくりですが、持ってみたらびっくり!

本体に使われる銅材がギリギリまで薄くなっており、プラスチックの水筒のように軽いんです。

0.5リットルの容量でも重さはたった265グラムとは、驚いてしまいました……。

軽くてもしっかりとしたつくり

だけど、あんまり軽いと強度が心配……。

と、思いきや、外側には強度に優れたステンレス鋼を、内側には耐久性が高いステンレス鋼を使用しているので、アウトドアでガシガシ使っても大丈夫。

断熱効果が高い真空二層構造で、保温・保冷性もバッチリです。

軽いので、子ども用のボトルとしても最適。

キャップとボトル底面にはシリコーン・プロテクションがされていて、衝撃性にも優れています。

ただし、あくまでステンレス製なので、落としたら傷ついたり、凹んだりすることも……。

通常のボトル同様、取り扱いには注意してください。

アウトドアで使ってもバッチリ

キャップにも、アウトドアブランドらしい工夫が。

寒いときはグローブを付けたままでも開けやすいように、インナーキャップが六角形になっています。

さらに、キャップを半回転にした状態で飲み物を注げるので、キャップが邪魔になることもありませんよ。

口が大きく、飲み物を入れるのも楽ちんなのも、うれしいポイント。

インナーキャップはシンプルなスクリュータイプなので、お手入れもしやすいです。

大人も子どももうれしいサーモボトル

山や川で一息いれたいとき「冷たいドリンクを飲みたいな~」と思うことありませんか?

でも、クーラーボックスを持って行くには重いし……。

そんなときもモンベルのサーモボトルがあれば、大自然の中でも冷えた飲み物が飲めますよ。

私は0.5リットルを愛用していますが、他にも0.35リットル、0.5リットル、0.75リットル、0.9リットルと全5種類のサイズが展開しています。

アウトドアブランドならではの耐久性と軽さは、毎日外に持ち歩くボトルにもうってつけ。

寒い季節にも、これからやってくる暑い夏の日にも、こいつがひとつあるだけでかなり快適に過ごせそうです。

※編集部注:初出時、商品の使用方法ついて一部不適切な内容がございましたので修正致しました。申し訳ございませんでした。(2019年4月1日)

アルパイン サーモボトル 0.5L [モンベル]

あわせて読みたい:



2

舟津カナ

ライター・ロケーションコーディネーター。旅行会社・編集プロダクションを経て、現在はアメリカLAを拠点に世界を飛び回る。山ガールというより山女。トゲトゲした山を見ると登りたくなる。形がかわいいという理由だけでパタパタする布張りのジープラングラーを購入。只今、かわカッコいい車へカスタマイズ中。ビールとオーガニックコスメをこよなく愛するアラフォー。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking