AYAKAbi

AYAKAbi

5

自分にとっての定番は、自分の相棒だからこそ、選ぶ時にはこだわりたいもの。

私の生活の最重要アイテムとも言える、バックパックには人一倍こだわってきました。

どれにしようか…… なんて数年も悩んじゃうこともあります。

そんな私が、NYで選んだ相棒をご紹介します!

サンフランシスコ製にこだわるDSPTCH

DSPTCH DAYPACK 税込31,320円

サンフランシスコで設立され、プロフェッショナルからの支持がとても強いブランド「DSPTCH」

機能性を追求し続けていて、様々なところにこだわり感じます。

そしてプロダクトは全てサンフランシスコ製を貫いています! そこがまたかっこいいんですよね〜。

私が選んだのは、「DAYPACK」の3SIXTEEN 2018 SPECIAL EDITION WAXED CANVASというモデル

「DAYPACK」は定番の形なんですが、限定デザインのワックスキャンバスとレザーの組み合わせに惚れ込んで購入。

収納力が止まらない

ラップトップは、背中側に分けて収納することが可能。

どこでも、中身がスマートに取り出せます

パソコンも、ラクラク収納出来ちゃうサイズ感です。

背中に謎のボードが

背中の部分に謎のボードを発見

背中がクッションのバッグって置いておく時に、安定してくれないことってありますよね?

それを解決してくれるボードです、これによりしっかりカバンを支えてくれるんです。

もちろん、不要な人は取っちゃえばオッケー!

私はボードがあった方が、背負った時もフィット感が好みでした。

特に前ポケットに収納たっぷり

全体的に細かい収納も多くて使いやすいんですが、特にこのフロントポケットが優秀

物の出し入れが一番多いのってこのポケット、色々入れておきたい細かいモノってたくさんありますよね〜。

ペンもセット出来て、鍵をつけるリングもついてました!

ここにはカラビナで、たくさんの鍵を付けておこうと思ってます。

バックの厚みを変えれるバンド

サイドにあるバンドで、荷物が多い時、少ない時で厚みを変えられるようになっています。

中身の荷物に合わせて、厚みを調節できるのは本当に便利〜。

電車の中などは、極力コンパクトにしています

スーツケースにもつけられる

背中にバンドがついていて、スーツケースのハンドルにつけられるようになってます。

旅行の時に出番が多いのは、背負いやすさも容量もさることながらこれが理由なんです!

太めのジッパー

使っていて、これは良いぞ! と思ったのは、ジッパーの幅が広いところ

開けやすいし締めやすい

ジッパーってどれも結構同じサイズのものが多いので、このカバンの大きな特徴です。

残念なところ:グリップ部分が……

しっかりと握れるように作られた、タフなグリップハンドル……。

もちろん使うことは多いのですが、女性の手には少し大きく感じます。

どこに行くもの一緒

機能や軽量にこだわった、ナイロンのバックパックももちろんいいんだけど。

相棒にするには、もうちょっと馴染む素材がいいな〜……。

と探していた私に、ぴったりだったのがこのバッグです。

素材感、機能性、見た目のかっこよさ、ブランド感が出過ぎずに全部がちょうどいい

仕事にも遊びにも、旅行にも使える相棒になっています!

ちなみに私の持ってる、このデザインのものはアメリカ限定商品らしいのですが。

問い合わせすれば日本から購入することも可能だそうです。

ナイロン素材のベーシックな「DSPTCH DAYPACK」と合わせて、気になったは以下のサイトをチェックしてみてくださいね。

DSPTCH

あわせて読みたい:



AYAKAbi

エスペランサ靴学院を卒業後、日本にてダンスシューズの研究開発を8年間担当。現在はNYを拠点に、靴をはじめ、トラベル雑貨/ジュエリー等のプロダクトデザインをしています。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking