はるきち

はるきち

1

イイ感じの万年筆をもらったけど、もったいなくて使えない。

とはいえいつもの文具箱にも合わないし……。

そもそも文房具って、数が多くて収納場所に困るんだよな……。

そんなあなたに朗報!株式会社常吉と銀座 蔦屋書店のコラボレーションにより、高級筆記具のための文具箱が発表されましたよ!

これ、本当に文具箱…?

文具箱

一見、切り出された角材のようにも見える四角い箱……。

実はこれ、「実際に使う人が持ち運ぶスタイル」を想定して作られた文具箱なんです。

製造元の株式会社常吉は、明治から始まる木箱製造業の老舗で、日本の杉を使った、新しいライフスタイルに合わせたものづくりに取り組む会社。

今回、銀座 蔦屋書店とのコラボレーションにより、3種類の文具箱を発表しました。

それぞれどんな中身になっているのでしょうか?

コンパクトな「引き出し型」

引き出し型

素材:杉、レザー、ウーペ、ウォルナット、ゴム、真鍮、磁石
 幅:215mm 高さ:240mm 厚さ:80mm
 価格:¥40,000(税抜)

「引き出し型」のこちらは、他の2つに比べて収納できる数は少ないですが、コンパクトな見た目でスッキリとした印象。

中に入っているトレイは、1枚につき6本のペンを収納することができます。

職人が仕立てた栃木レザーを使った持ち運び用のベルトもついており、バッグのような感覚で外につれていけそう。

大容量の「BOOK型」

book型

素材:杉、レザー、ウーペ、ウォルナット、真鍮、磁石
幅:330mm 高さ:230mm 厚さ:65mm
価格:¥100,000(税抜)

収納本数が最も多い「BOOK型」は、21本のペンを収納できます。

開いたときに筆記具がパァッと広がる様子は、壮観のひとこと……!

そしてお値段なんと¥100,000(税抜)と、価格まで壮観な逸品……。

文房具好きにはたまらない、ディスプレイとしても映えそうなアイテムです

縦収納で小物入れとしても便利な「試験管型」

試験管型

素材:杉、レザー、ウーペ、ウォルナット、ゴム、真鍮、磁石
幅:250mm 高さ:195mm 厚さ:150mm
価格:¥60,000(税抜)

最後はまさかの「縦収納型」の文具箱。

収納本数は18本。ちょっとした小物を入れるスペースがあるのもうれしいところです。

試験管型

3種類の文具箱はそれぞれ、ペンに傷がつかないよう柔らかい素材によって内張りが施されているため、持ち運んでも安心です。

販売は、銀座 蔦屋書店および蔦屋書店オンラインショップにて。

どれも文具箱に出す金額としてはかなりお高めですが、凝り性にはたまらないアイテムですね……!

銀座 蔦屋書店

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目10番1号 GINZA SIX 6F
電話番号:03-3575-7755(代表)
営業時間:9:00~23:30(不定休)

持ち運べる文具箱シリーズ[銀座 蔦屋書店]

あわせて読みたい:



はるきち

編集・ライター|鍵盤弾き。ネコをこよなく愛してます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking