林 美由紀

林 美由紀

2

中国の深圳、北京に続く3ヶ所目は銀座!

「MUJI HOTEL」が4月4日(木)、ついに日本にオープンします!

「ちょうどよい」空間

MUJI HOTEL GINZA」は無印良品の思想を体現するホテル。

「アンチゴージャス、アンチチープ」をコンセプトに、ちょうど良い価格で良く眠れ、体と心を整えられるくつろぎを提供してくれるそうですよ。

無印良品の世界旗艦店「無印良品 銀座」とともに開業する「MUJI HOTEL GINZA」は、6階にフロントとレストラン「WA」が、7~10階に79部屋の客室があります。

内装には木や石、土といった自然素材を中心に、共用部には50年前に東京を走っていた路面電車の敷石や船の廃材などを用いているんですって!

客室は、家にいるかのようなくつろぎと気持ちよさを追求。

眠りと姿勢の研究に基づいたベッド、やさしい触り心地のバスタオルや、自然な眠りに導く照明など、シンプルでのんびりとした時間を過ごすことができそうだな〜。

窓に向かってすっと伸びる細長いレイアウトが特徴的な部屋のほかに、畳のある部屋や 2段ベッドの部屋、3名や4名で利用できる部屋もあります。

客室の備品を気に入ったら、その一部は1~6階の無印良品店舗で買うこともできるんですって。

ホテルだけじゃない!ギャラリーやライブラリーも

「無印良品 銀座」にできるのは、ホテルだけじゃないんです。

6階にできる「ATELIER MUJI GINZA」は、デザインをテーマに無印良品が考える未来を見据えたメッセージを発信する複合的なデザイン文化の発信基地。

ものづくりやデザインにまつわる展示を行う2つの「Gallery」、おいしいコーヒーやお酒とともに語らい集う「Salon」、デザインやアートの古書や希少本なども取り揃えた「Library」、イベントを開催する「Lounge」の5つの空間で構成されています。

朝食:おにぎりセット500円

そして地下1階には、朝から晩まで利用できるレストラン「MUJI Diner」がオープンしますよ〜。

「MUJI Diner」で食べられるのはこんなメニュー。

昼食:焼き魚定食800円

夕食:宮崎ハーブ牛のサーロインステーキ2,500円

いつでもだれでも同じ部屋を同じ価格で

MUJI HOTELには平日や祝日、ハイシーズンやオフシーズンといった設定はなく、いつでもだれでも同じ部屋を同じ価格で予約することができます。

部屋の広さに応じた価格で、シンプルで分かりやすい料金体系なのもうれしい!

予約はMUJI HOTEL公式ウェブサイトから。

絢爛豪華ではないけれど、心地いいこの場所を拠点に銀座を、そして東京を歩きたい。

ああ、ついに日本にも「MUJI HOTEL」がやってくる!

あわせて読みたい:



MUJI HOTEL 4月4日開業 [PRTIMES]

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking