画面

はるきち

はるきち

1

便利だとは思うけれど、性能面でいろいろと不安なコードレスクリーナー。

使用中に充電が切れないのか?」「ちゃんとゴミを吸い取れるのか?」など、様々な不安がありますよね……。

ところがそんな不安を解消してくれる掃除機、「Dyson V11」、「Dyson V7 slim」がダイソンから発表されました!

液晶ディスプレイで、掃除をコントロール

こちらはdyson V11に追加された目玉機能のひとつ。

ディスプレイが搭載され、残りの運転時間や吸引モードなどの稼働状況を、リアルタイム表示してくれるようになったんです。

表示される残りの運転時間は、吸引モードやアタッチメント、床の材質などによって自動で算出

何かが詰まったときなどの不具合発生時にも、アニメーション表示で対処法を教えてくれるという、暴力的なインテリっぷり……。

ecoモード

吸引モードは、「eco 中 強」の3種類で、液晶のボタンを使って切り替え可能。

また、言語設定も可能で日本語をはじめとした多数の言語に対応しているとのことです。

掃除機に掃除をコントロールされる時代が来てしまうとは、まさにお掃除界のシンギュラリティ……

壁に穴を空けない専用充電ドッグ

専用充電ドッグ

コードレスクリーナーで不安なのが、充電方法。

ひとつ前のモデル「Dyson Cyclone V10」の場合、収納用ブラケットを壁面などに取り付ける必要がありました。

しかし、「Dyson V11」なら専用の充電ドッグは自立式もう壁に穴を空ける必要はありません

また、使用していないアタッチメントをドッグに収納することも可能で、「あれどこいった?」なんてこともなくなりそう。

こんなに高性能なのに、吸引力は大丈夫なの?

V11

とはいえ肝心な吸引力が劣ってしまったりしないの?

と思いきや、「Dyson V11」は前作のパーツをイチから全て見直し、吸引力は25%アップ、騒音は11%カットという超高性能モデル。(最長運転時間は前作と同じく60分)

これは欲しい……。

吸引力の違い

左:Dyson V11 右:Dyson Cyclone V10

水を吸い上げるデモを行ってみても、「Dyson Cyclone V10」との吸引力の差は一目瞭然。

吸引力は、変わってしまいました……。(いい意味で)

日本人のために作られた最軽量モデル

V7 slim

また、Dyson V11と同時に発売された「Dyson V7 Slim」コードレスクリーナーは、日本の住居に合わせて設計されたコンパクトなデザイン。

重さわずか2.2kgという、驚異的な軽さなんです。

運転時間は最長30分間

V4とV7の比較

左:Dyson V4 digital(コード付き機種) 右:Dyson V7 slim

コード付き掃除機と比べてみても吸引力は決して劣らず、グングン吸い取ります。コンパクトだとは思えないこの安定感、心地よい……。

この「Dyson V7 Slim」は、ダイソンのデザインエンジニアが実際に日本の家庭を訪問し、掃除機や掃除方法を研究したことで生まれた一台。

日本限定発売とのこと。

これからも見逃せないね…

V7 V11

左:Dyson v11 右;Dyson v7 slim

どちらの製品も、ダイソン公式オンラインストアでは本日3月20日(水)より、各家電量販店では4月3日(水)より順次発売開始予定です。

これからもダイソンの技術力には目が離せませんね!

あわせて読みたい:



はるきち

編集・ライター|鍵盤弾き。ネコをこよなく愛してます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking