covacova.

covacova.

2

サイフにスマホにチケットまで。

フェスやアウトドアで遊ぶ時に濡れたら困るヤツらっていますよね〜。

そんなモノたちを濡らさず、持ち歩けるポーチがありましたよ!

さすがのアウトドアスペック!

ROOT CO.「H2O:Water Proof Shell」税込3,456円

それがこちらのスマホポーチ。

生地は数多くのアウトドア製品にも使われている1000デニールのコーデュラファブリック。

摩擦擦り切れに強く、速乾性にも優れているから、アウトドアで使う時の安心感が断然違います!

もちろん防水性能もバツグンで、水深1.5mに1時間放置しても浸水しないレベルだそう。

使いやすさよ〜

縦入れタイプが多いこの類のポーチ。これは横入れタイプだから何気に出し入れしやすいんです。

やっぱりお札をお財布に入れるときも、横の方が楽チンじゃないですか。

スマホ操作もラクラク〜

ポーチに入れたままスマホ操作できちゃうのはあたりまえ!

スクロールやプレスもしっかり反応してくれます。

ポーチのサイドにはスマホのボタン類を押しやすいようにビニールの小窓を作ってくれてます!

もちろんココも安心の防水仕様ですよ〜。

撮影もバリバリ

カメラ側にも大きめの窓があるから写真や動画もフツーに撮れちゃいますよ。

iPhoneXでも余裕で入るサイズ感はほとんどのスマホを受け入れてくれるでしょう。

ウォレットとしても使える!

ポーチの中にはカードやお札を収納できるポケット付き。

ちゃんとウォレットとしても使えるように考えられてるんですよね。

ここにチケットも入れれば、マジで身軽になれるんだよな〜。

残念なところ:チャック固い…

チャックはジップロックのゴツい版みたいな感じです。

ちょっと開閉が固いから、何回か出し入れすると指が疲れちゃうんですよね〜

閉めた時もジップロックみたいなパチッとした指への感触はありません。

ちゃんと閉まってるのか少し不安になっちゃいますね……。

オンもオフも似合うデザイン

キャンプ・海・登山・フェスはもちろん、タウンでも馴染んじゃうデザイン。

ネックウォレットよろしく、こうやって首からさげてもいいし、

カラビナを付けてバックパックにぶらさげても違和感ナシ!

顔認識も大丈夫!

何気に嬉しい誤算がコレ。100%ではなかったですが、かなりの確率でFace IDが反応。

パスコードを入力する手間がなくなるのは急ぎの時にありがたいですね〜。

カラーバリエーションも豊富で、「ブラック・ネイビー・ワイン・カーキ・ベージュ・ブラウン」の6色展開。

今回レビューしたのはブラウンです。ぜひ、これからのアウトドアのお供に連れていってみてください〜。

Water Proof Shell[ROOT CO.]

あわせて読みたい:



2

covacova.

夏生まれのくせに冬が大好きな自由人。山が白く染まってくるとソワソワして、爆弾低気圧や冬将軍という言葉に過敏に反応するアレルギー持ちのため、定期的に雪山で治療が必要です。 最近はファインダーを通して見える世界に引き込まれてしまったため、アレルギー治療と写活のために北の大地への移住を計画中。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking