haco

haco

1

グリーンのある暮らしに憧れる……。

だけど室内の温度を管理したり水やりをしたりと、毎日のお世話ってけっこう大変……。

それなら、多肉植物型のディフューザーがおすすめですよ。

多肉植物みたいなディフューザー

Nordic collection リードディフューザー ホワイトムスク 1998円(税込)

一見多肉植物に見えるこれ……。

実は、石膏でできたディフューザーなんです。

近くで見ても、オブジェかな?くらいには思っても、ディフューザーには全く見えませんよね。

香りは「ホワイトムスク」と「チェリーブロッサム」の2種類で、わが家では「ホワイトムスク」を選びました。

高級なシャンプーや石鹸といった感じの、清潔感のある爽やかな香りが広がります。

ディフューザーとしていい香りを届けてくれるだけでなく、世話のかからない多肉植物としてインテリアのポイントにもなる、一石二鳥なアイテムです。

使い方は簡単!

まず、ふたを開けたボトルをセメントカップに入れます。

ふたがちょっと固いので、こぼさないようにご注意を。

そして葉っぱについたリード(紐)を瓶の中に垂らします。

最後に、付属の白い石を並べて瓶を隠せば、完成。

リードが瓶の中のフレグランスウォーターを吸い上げて、葉っぱ型の石膏から香りがする、という仕組みです。

どんな場所にも馴染む

見た目はただの多肉植物なので、家中どこにおいても馴染んでくれます

洗面所や……

トイレなどなど。

最初はセメントカップが少しハードな気がしましたが、優しい色合いなので、意外とどの部屋にもすっと馴染みました。

残念なところ:香りの調整ができない…

ひとつ残念なところを挙げるとしたら、香りの調整ができないところです。

ちょっと強いかなと思っても、スティックなら本数で変えられますが……。

わが家は狭い玄関に置いているので、香りが強すぎてしまいました。

そのため、中身の液体を別容器に移して、少しずつ吸わせることにしています。

時間がたつと本物らしくなる!

葉っぱ型の石膏は、フレグランスウォーターを吸い上げることで徐々に色が濃くなっていきます

置き始めてから1日経ったあたりでは、かなり色も変化してより本物っぽくなりました。

芳香期間は約一か月。

詰め替えもできるし、それが面倒になったらそのまま置くだけでも素敵なデザインです。

もちろん、石膏だからお手入れはゼロ

植物を育てるのが苦手な人にも、嬉しいアイテムですね。

mercyu Nordic

あわせて読みたい:



1

haco

北欧インテリアが大好き。季節ごとにディスプレイしたり、おしゃれで機能的な収納を考えたりするのが幸せです。ママもこどもも暮らしやすく、普通の日々がもっと楽しくなる収納やインテリア、おうち時間を提案します。整理収納アドバイザー2級、ルームスタイリスト1級。北欧式整理収納プランナー。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking