ナガソクミコ

ナガソクミコ

1

クオリティの高い琺瑯(ほうろう)製品で知られる、野田琺瑯。

今年(2019年)で創業85年を迎える、自社で琺瑯作りの全工程を行える国内唯一のメーカーです。

そんな野田琺瑯に、マーガレット・ハウエル別注のシリーズがあるって知ってました?

MHL×野田琺瑯のバターケース

HOUSEHOLD GOODS NODA HORO BUTTER CASE SMALL 2,800円(税抜)

こちら、野田琺瑯とマーガレット・ハウエルコラボのバターケース

サイズはSとLの2種類で、こちらはSサイズ・2,800円(税抜)のもの。

洗練されたデザインと琺瑯ならではの品質で、ホテルで過ごすひとときのような、リッチな気分を味わえちゃいますよ〜!

MHLコラボならではのデザイン

このバターケース、魅力はなんといっても、絶妙なグレーのほうろうの色合い

ホワイトシリーズなど、「白」の製品が多い野田琺瑯ですが、こちらは少しブルーがかったようなニュアンスのあるグレーが珍しい商品です。

バターケースのフタには、サクラの天然木を使用

ほうろう特有の冷たい質感と、木材のフタという異素材がよく合っています。

容器の裏には、マーガレット・ハウエルのブランド名入り。

ほうろうバターケースの特性

ほうろう製のバターケースの利点は、ホーローがバターを冷却し、そのままの状態を保ってくれるということです。

食卓に置いても、バターがすぐに溶けてしまった……なんてことはありません。

さらに、フタを逆さにしてケースごとひっくり返すと、写真のようにフタの上にバターを置くこともできるんです。

こうすると、バターが取り出しやすくなって便利。

使うごとに、バターの油分でフタにいい感じのツヤが出てくるのも、楽しみのひとつ。

残念なところ:小さめのバターしか収納できない…

こちらのバターケースはSサイズなので、200gくらいの一般的なバターしか収納できません。

製菓用など、500gのバターにはサイズが合わないので、注意。

大きめのバターをよく使うという人は、Lサイズを購入するか、バターをカットしてから収納するのが良さそうですね。

特別な時間を味わえそう

男女問わず長〜く愛用できる野田琺瑯のバターケースは、ギフトにもオススメ。

カラーはこのグレーの他に、濃いめのグレーとホワイトが展開しています。

朝食のとき、バターケースを出してパンにバターを塗ると、なんともいえない豊かな気分に。

マーガレット・ハウエルと野田琺瑯のバターケースがあれば、いつもの朝がいつも以上に幸せになりますよ〜!

HOUSEHOLD GOODS NODA HORO BUTTER CASE SMALL

あわせて読みたい:



ナガソクミコ

1983年旭川市生まれ。高校卒業後東京にて、野外フェスのスタッフや自然食品店、古本カフェ、アウトドア雑誌編集部などを筆頭に、ありとあらゆるアルバイト経験。2016年に旭川市にUターンし、古い商店をリノベーション中。民泊×編集事務所「あさひかわ編集室」を主宰。Airbnbホストもやっています。https://www.airbnb.jp/rooms/20954739

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking