ユキコニシムラ

ユキコニシムラ

2

飲み口の向きに合わせて水筒をまわしたり、茶渋や匂いが気になって使いたくなくなったり。

その上持ち運びもしにくくて、買ったあとに後悔することが多い水筒やタンブラー……。

だけどそんな後悔も、KINTOのタンブラーなら全部解決してくれます!

今回、以前から愛用しているKINTOの定番「トラベルタンブラー」と、新しく購入した新作の「デイオフタンブラー」を比較してみましたよ〜。

取っ手がついて新しくなったKINTOのタンブラー

左:KINTO トラベルタンブラー350ml カーキ ¥2,808(税込)、右:KINTO デイオフタンブラー500ml ネイビー ¥3,240(税込)

こちら、KINTOの定番「トラベルタンブラー 350ml」と、昨年新しく登場した「デイオフタンブラー 500ml」

サイズは、「トラベルタンブラー」が350mlと500mlから選べるのに対し、新作「デイオフタンブラー」は500mlの1種類のみ。(2019年3月現在)

重量は、新作が299gと、同じ容量の「トラベルタンブラー 500ml」の310gよりも若干軽くなっています。(「トラベルタンブラー 350ml」は245g)

そして「デイオフタンブラー」最大の特徴は、フタについたこの取っ手

パッと握って持ち運びしやすいなめらかな形状で、散歩や遠出にも手軽に持って行けますよ。

取っ手がついて、持ち運びやすい!

また、明るいながら落ち着いたカラーも、お気に入りポイントの一つ。

カラーはこのネイビーの他にも、新色のオレンジとグリーンが加わって、全部で8色

ロゼやマスタードなど、ファッションにも取り入れやすいカラー展開で、かわいすぎてどれにしようか悩んでしまうほど……。

「自由でアクティブに休日を過ごしたい人に」向けたものでありながら、公園やアウトドアだけでなく、オフィスや家の中でも使いたくなるデザインです。

トラベルタンブラーも8色のカラー展開ですが、デイオフタンブラーの方がポップなカラーが多い印象でした。

360度どこからでも飲める

トラベルタンブラーとデイオフタンブラー、どちらも共通しているのは360度どこからでも飲めるストレスフリーな飲み口

余計な突起がないので、マグカップのような自然な飲み心地です。

内蓋は中の氷を受け止めつつ、飲みものが勢いよく出ることを防ぐ構造

最後までやすいのも、うれしいポイントです。

傷がつきにくく、長持ちする!

ステンレス製の本体は、傷がつきにくいようパウダーコーティングが施されています。

控えめな「KINTO」のロゴも、主張しすぎないシンプルさが好きです。

パーツは3つに分解できるので、洗いやすく、お手入れの難しさも感じませんよ〜!

ボトルの内側は電解研磨が施され、表面は平滑に仕上げられているので、匂いや茶渋などの汚れもつきにくいつくり

水筒のあるあるな悩みを解決してくれていて、使いながら感激しています。

ステンレスの二重構造で保温保冷もOK

ボトル本体はステンレスの二重構造になっており、保温・保冷効果もバッチリ。

「トラベルタンブラー」は『保温効力:65℃以上(6時間)/保冷効力:8℃以下(6時間)』であったのに対し……

「デイオフタンブラー」は『保温効力:69℃以上(6時間)/保冷効力:7℃以下(6時間)』と、少しパワーアップ。

コンパクトでかわいらしいデザインでも、飲み物をしっかりおいしく保ってくれる頼もしさです。

残念なところ:しっかり閉まっているんだろうか…?

唯一難点をあげるなら、蓋の閉まり具合がよくわからないところ……。

平行に閉めたつもりでも噛み合ってないことがあるので、注意が必要です。

確認がしっかりできていないと、バッグの中でお茶が漏れてしまっていることもありました……。

蓋部分の開閉はややコツがいるので、購入したあとに何度かトライするといいかも。

毎日使いたくなるタンブラー

定番の「トラベルタンブラー」と新作の「デイオフタンブラー」、どちらも使いやすい商品ですが、やはり新作の方がスペックが高くなっていました

長く使えてどこへでも持ち運びたくなるKINTOの「デイオフタンブラー」。

水分補給の多くなるこれからの季節に、休日を楽しむマストアイテムになりそうです。

TRAVEL TUMBLER[KINTO]
DAY OFF TUMBLER[KINTO]

あわせて読みたい:



ユキコニシムラ

ユキコニシムラ

西村優紀子。楽曲制作・執筆のモットーはシンプルなこと。「家」を軸にしたライフスタイルを大切にし、日々の暮らしを楽しんでいる。現在2歳と0歳の息子の育児に奮闘中。 編曲作品は株式会社ウィンズスコアから出版中。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking