ng sh

ng sh

9

スマホでなんでもメモできてしまう現代ですが、フリック入力をするよりも手書きのほうが早くない!? と思っちゃうとき、ありませんか?

特に図や絵で書き残しておきたいときなんかはなおさら!

いつでも持ち歩いて、聴いたこと、思いついたこと、考えたことをササッと書き残せるノートがあればいいのにな〜と思って色々探したものの、これだ! というものに出会えず……。

でも、ついに見つけちゃいましたよ。

「測量野帳」って?

測量野帳は、土地の面積などを計測する測量のプロが使うためにコクヨが開発したノートです。

屋外の厳しい環境で使われることを想定しているので、そのための工夫が盛りだくさん!

測量野帳には、測量に基づくデータを記入するための特殊な罫線が引かれた「LEVEL BOOK」「TRANSIT BOOK」、そして特に用途が決まっていない方眼の「SKETCH BOOK」の3種類があります。

本当に測量するわけではないので、幅広く使える「SKETCH BOOK」を使っています。

アウトドアでも活躍!?

屋外での使用が想定されているからか、表紙はかなり分厚いハードな仕様。

片手でノートを持ちながら書くのにも適しているんです。

これならどこでもササッとメモできる!

アウトドアでも活躍してくれそう〜!

薄い!

あちこち動き回って使うことが想定されているので、当然持ち運びやすさにも工夫があります。

高さはそれなりにあるものの、横幅はスリムで手のひらサイズ。

薄くて硬いので、狭いポケットにもスッと入れられちゃう!

簡単に持ち運べて、いつでも取り出しやすい工夫ですね。

中身も◎

ページをまたいでも書きやすいように、しっかり開きやすい作りになっています。

小さな方眼で罫線が引いてあるのも、図なんかを書き込むときには重宝するんですよね〜。

いつでも携帯して、聴いたこと、思いついたこと、考えたことをササッとメモできる。

理想のメモ帳の正解は、まさかの業務用アイテムでした。

あわせて読みたい:



測量野帳[Amazon]

ng sh

1994年生、フリーランスのライター、カメラマン、編集者。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking