あれ? 寝室こんなに広かったっけ…イケアのデザイナーが教える収納術がすごい(動画つき)

ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

10

イケアでは今、新生活キャンペーンを開催中

キャンペーンに合わせてROOMIEでは、悩みを抱えている方の多い「寝室の収納」を、イケアのアイテムを使ってやってみました!

とはいえ、それぞれの商品については勉強不足……。

そこで今回は、イケア港北店でインテリアデザイナーとして活躍する早雲(はやくも)美菜さんに教えていただきました。

ベッド下のスペースは、王道アイテムで

『STUK/ストゥーク 収納ケース』税込999円(55×51×18cm)、税込1,299円(71×51×18cm)

まずは収納スペース不足を解消できる「ベッド下」。『STUK/ストゥーク』を使用します。

ベッド下の空間を活かせるアイテムです。使用しないときは畳んでおけるので、スペースの無駄遣いを無くせますよ。(早雲さん)

定番グッズではありますが、この『STUK/ストゥーク』にはユーザーのことを考えた特長が……!

取っ手が付いているため、余計な力を入れずにサッと取り出すことができます。

それとコーナー部分にネットを施していて、通気性が高く、衣類や布製品の収納に適しています。(早雲さん)

ちなみに動画内では見えませんが、シングルベッドの下には大小合わせて6個収まっています。タオルや衣類、布団やクッションなど多くの布製品を収納することができますね。

これは盲点! 鏡の背後スペースを使うとは…

『KNAPPER/クナッペル スタンドミラー』税込4,999円

イケアのスタンドミラー『KNAPPER/クナッペル』には驚かされました。なんと、鏡の裏側のデッドスペースを活かせるんです。

ここは盲点だったなぁ~という驚きとともに、その使い方をうかがうと完全にノックアウト。

鏡の裏側のスペースにハンガーを数本かけられます。厚みの少ない服であれば、10本程度入るのではないでしょうか。

次の日に着る服”を一式かけておけるし、帰宅直後の“一時置き”としても使えますよ!(早雲さん)

さらに衣服だけでなく、帽子やキャップ、アクセサリーをかけることのできるフックまで付いています。

寝る前に翌日の服をかけておいて、朝にラクをするルーティーンが生まれそう……「鏡の裏収納」は侮れません!

小物たちは、ベッドに“付けて”収納する…!?

『STICKAT/スティッカート ベッドサイドポケット』税込799円

続いて小物の収納を。『STICKAT/スティッカート』という、見たことのないアイテムです。

どこにでも引っ掛けることができるアイテムで、今回はヘッドボードに使いました。

テーブルに無造作に置いてしまうリモコンなど、小物がすっぽり収まるので便利ですよ。(早雲さん)

ベッドの裏側に設置することができるので、ごちゃつく小物が視界の妨げになりません。(早雲さん)

眠りにつく15分前についついイジってしまうスマホ、リモコン、本のほか、充電器や保湿クリームといった必需品も収納できそう。

スペースを無駄にせず、それでいてベッド空間の外観を損なわないスマートなアイデア。さすがです。

サイドテーブルにも、スツールにも収まる

『NYBODA/ニーボーダ サイドテーブル』税込3,999円

シンプルなデザインのサイドテーブル『NYBODA/ニーボーダ』には、散らかりがちな雑誌や書籍を収納できます。(早雲さん)

そうなんです。本は散らかるんです

サイドテーブルの「上に」雑誌をポンっと置く人は多いはず。「片付けなきゃ……」と起きたときに嫌な気分にならないよう、すっきりさせましょう。

そしてこのサイドテーブル、軽くて持ち運びやすいのも特長。

なかなか眠りにつけない“あの時間帯”に急に模様替えを始めてしまう人も、この『NYBODA/ニーボーダ』ならササっと移動できますよ。

『BOSNÄS/ボースネス フットスツール』税込2,499円

こちらもベッド脇で活躍するアイテム。スツールです。

どこまでも収納スペース化するこの執念! パッと見はスタイリッシュにまとまったベッドルームですが、あらゆる場所にモノが隠れています

BOSNÄS/ボースネス』はフットスツールとしても、通常のスツールとしても使えますよ。(早雲さん)

そう早雲さんは話しますが……こんなにかわいいソフトトイが入ってると思うと、スツールに座るどころか足を乗せることさえ躊躇してしまいますね。

中に何を入れるか、じっくり吟味しましょう。奥行きがあるので、雑誌も入るそうです!

イケアの新生活キャンペーンで、収納アイテムを揃えよう

今回は衣類やタオルといったかさばるものから、本やリモコンといった細かいものまでスッキリ収めることができました

ベッドの周辺に、こんなにも多くのモノが収まるとは……!

新生活キャンペーンも実施しているいま、収納方法を見直すチャンスでは? 心地よいベッドルームを作り上げ、気持ち新たに新生活を迎えましょう!

Sponsored by イケア・ジャパン株式会社

新生活キャンペーン [イケア]

Video Shooting, Editing:Shohei Noguchi

ROOMIE編集部

ROOMIEエディターたちが研究員となり、最新のアイテム情報を収集したり、みなさんの部屋を訪問。好奇心を刺激する「暮らしとスタイル」にまつわるすべてのことを研究していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking