林 美由紀

林 美由紀

3

何年も何年も樽で熟成させることで、重厚な舌触りや豊かな香りが楽しめるようになるウイスキー。

年月の重みまで感じられるウイスキーには憧れますね……。

でも、たった1日でウィスキーを3年分おいしくできるんだって~!?

スティックで熟成させる

家に樽は置けないけれど、これなら置ける。

ウイスキーやブランデーなどの熟成に使用される樽。

その樽と同じ「ナラ」材をスティック状にして、“焼き”を入れた「MIZUNARA AGING STICKS(ミズナラエイジングスティックス)」をお酒に入れることで、樽と同じように熟成を促すことに成功したんだとか!

樽にお酒を入れるのではなく、お酒に樽を入れるという逆転の発想。

しかも、スティックを入れれば、たった24時間で3年熟成のような風味を出すことができるのだとか!

ウイスキーの色合いは濃くなり、焼酎は黄金色に変わるらしい……。

いろんなお酒で試したくなっちゃいますね……。

豊かな自然を取り戻す取り組み

「MIZUNARA AGING STICKS(ミズナラエイジングスティックス)」が開発された背景は、林業の低迷による虫害や獣害の被害。

この被害を少しでも改善し山に豊かな自然を取り戻す為、積極的に地域の資源を活かし国産材の存在や魅力を知って欲しいと開発されたのだそう。

2019年2月20日から「Niimo」にて販売開始しています。

国内の木材を有効に活用することができて、しかも、ウィスキーやブランデーを自分好みに熟成させられる。

そんなうまい話あるの!? こりゃ手に入れない理由がないぞ〜!

「MIZUNARA AGING STICKS(ミズナラエイジングスティックス)」 [PRTIMES]

あわせて読みたい:



林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking