2

ビッグシルエットや90sというムードから一転、「UK」というキーワードが急速に盛り上がりを見せるファッション界。

そんないまだから改めて注目したいのは、英国クラシックを現代的な視点と解釈により再構築するブランド、サイ(Scye)

そこで、「クラフトな遊び心地」を掲げるROOMIEが、コレはワクワクする!と興奮したアイテムを定期的にご紹介していきます。

今回は、渋谷にあるサイ マーカンタイル(Scye Mercantile)からお届け。

希少な素材が生み出す、さりげない気品

「超長綿ピンオックスレギュラーカラーシャツ」(¥20,000+tax)

ベーシックでミニマル、それでいて、ほのかに品が漂う……。

サイというブランドから漂うのは、そういったイメージじゃないでしょうか?

それだけに、オーソドックスなアイテムにこそ、そのこだわりがしかと現れているはず! そこで、選んだのがこちらのレギュラーシャツ。

希少なコットンである超長綿で作られたシャツには、パッと見でわかる上品な光沢ソフトでしなやかな風合いが。

でも、このシャツを選びたくなるヒミツは細部にこそあったのです。

スーツも、ラフな休日スタイルもイケちゃう

細部に目をやると、このシャツがいかに万能かがわかります。たとえば着丈。

カジュアルなスーツスタイルに合わせやすい、タックインできる長さは確保。

一方で、裾を出してもアンバランスにならない絶妙な長さは、ラフな休日スタイルにも合わせられそう!

フォーマルすぎないから洗いざらしでもOK

他にも、裾のカッティング。

緩やかにカッティングされているから、タックアウトして着たときにもフォーマルな匂いは漂いません。

洗いざらしで着てもサマになること請けあいです。

ポケットもないシンプルさが品のキモ

さらには、前身頃のデザイン。胸ポケットも前立てもありません。

サイドも絞られておらず、それでいて身幅が広すぎるということもない。

また、左胸にあしらわれたお馴染みの「サイ」の刺繍は通常ネイビーのところ、グレーに。

決してフォーマルすぎないけれど、品は失わない。

すべてのディテールが、ひとつの着地点に向かっているのが伝わります。

そう、「週7でも着れる」ベーシックさに…

プライベートではどんなときに着ている?と、サイ マーカンタイルの店長、佐藤さんに聞いてみたところ、「困ったときに」とひと言。

シンプルな答えですが、このシャツがいかに優れているかを語る、それ以上ない殺し文句のように僕には響きました。

友達や恋人に会う日も、グダグダでいい日も、たまにはちゃんとしなきゃいけない日も、どんな日にもこのシャツは似合ってくれるワケですね。

ここでしか手に入らないエクスクルーシブ

「実は、サイのなかでも当店でしか取り扱っていないエクスクルーシブモデルなんです」

そう、色別注や素材別注ではありません。サイ マーカンタイルのためだけに、イチからパターンを引いてつくられたシャツなのです。

男女・体型を気にしなくていい

ちなみに、身長179cmの佐藤さんが着ているのはサイズ40。

インナーにハイネックのカットソーを着ているので、一枚で着るともう少し余裕がありそう。

「男性も女性も体型を気にせず好きなサイズを選べるのは、サイのなかでも、このシャツくらいなんです」

との言葉通り、サイズ展開は32から40までの計6サイズ。つまり、男女問わず着られるユニセックス仕様なんですね。

いやはや、ここまでくると週7で着回せるだけ持っておくのも手じゃないか……?なんて思わせてくれる一品なのでした。

「超長綿ピンオックスレギュラーカラーシャツ」
(¥20,000+tax)
問い合わせ先:
Scye Mercantile (サイ マーカンタイル)
03-5414-3531

あわせて読みたい:



2

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking