haco

haco

4

奥行のある棚に本を並べるときに困るのが、手前にできてしまうデッドスペース。

デッドスペースを活用するために本を並べてみても、今度は奥の本のタイトルが見えなくなってしまいます……。

これでは読みたい本がすぐに見つからず、収納量は増えても、むしろ不便になってしまう……。

本棚の悩みを解決!

ダイソー お助け本棚 108円

そんな本棚収納に関する悩みを解決してくれるのが、ダイソーのオリジナル商品「お助け本棚」

この4つのパーツを組み合わせて使います。

2枚の側面パーツには高さの違う溝、AとBがあり、底面パーツをどちらの溝にはめるかで、それぞれ違った使い方ができるというもの。

①Aの溝の使い方

まずはAの溝に底面パーツをはめ込んで使ってみます。

作業時間は約1分。とにかく簡単です。

タイトルが見える!

こんなふうに「お助け本棚」に本を並べてから、手前に他の本を置くと……

ちゃんと、奥にしまった本もタイトルが見えるようになりました!

これなら読みたい本がすぐに見つかって、とっても便利。

②Bの溝にパーツをはめ込んでみると…

次に、Bの溝に底面パーツをはめ込んでみました。

すると棚が高くなり、文庫本がピッタリ収まるサイズに!

下段と上段どちらも使えるようになったので、本がたくさんある人には嬉しいですね。

残念なところ:見た目がチープ…

組み立ても簡単、収納量も増やせて108円と、いいことずくめの「お助け本棚」ですが……

いかにも「100均」という感じの材質と見た目が少し残念……。

なので我が家では、奥の方に収納して本体は見えないように使っています。

棚の中の“もったいない隙間”に困ったら…

本以外には、CDの収納にもぴったり。

1段に22、3枚は収納できました。

家の中には探してみると、活用できそうな隙間って意外とたくさんあるものです。

「お助け本棚」は、ただ収納量をアップするだけでなく、使い勝手まで考えられているアイテム

この隙間、何か使えないかな?と思ったら、一度試してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい:



4

haco

北欧インテリアが大好き。季節ごとにディスプレイしたり、おしゃれで機能的な収納を考えたりするのが幸せです。ママもこどもも暮らしやすく、普通の日々がもっと楽しくなる収納やインテリア、おうち時間を提案します。整理収納アドバイザー2級、ルームスタイリスト1級。北欧式整理収納プランナー。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking