ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

2
マンガ家・スケラッコさんが『ラジオ』をテーマに描く短編マンガです。

ラジオが好きで毎日聴いているという方も、まだラジオの世界を知らない方も……必見です。








スケラッコ

漫画、イラスト描いてます。
京都在住。ビールと散歩が好きです。
単行本『盆の国』『大きい犬』(リイド社)発売中。

編集後記

ただその空間に流れているだけで全く頭に入ってこないこともあれば、“自分に語りかけている”感覚になる放送もある。

僕が大学2年のときに出会った「ラジオ」というものは、メディア環境がめまぐるしく変化したこの10年間、ずっと変わりません。

***

「これってウチだけ?我が家のルール」「私、怒ってます!」「いまだに慣れないこと」といった、やり尽くされたトークテーマ。

個人的なエピソードを、圧倒的な文章力でこと細かに綴るラジオリスナー。

本気で答える気があるのかないのかわからないパーソナリティ。

でもなんてことのない話が、急に僕のパーソナルな部分を突いてくることもありまして。

不意打ちされて、ちょっと恥ずかしい気持ちになって、ラジオから聴こえる声がグッと近づいてくる。思わず聴き入ってしまう。

かと思えば、口ずさみたくなるコマーシャルを挟んで、洒落たBGMが流れて、気がつくと交通情報へ。すぐに自分とは関係のない話へ向かっていきます。

なんですかね、この感覚。ラジオってネコみたいな性格なんでしょうか。

***

スケラッコさんとお話ししているときに、ふと「ラジオ」という言葉が出てきて、いつかこのモヤモヤを作品にしてほしいなぁと思っていました。

僕が感じていたラジオとの距離感は、『グッドモーヌーンラジオ』と近いものがあります。

でも、これが全てということではありません。リスナーひとりひとりに、それぞれの距離感があると思います。

ラジオって、不思議なメディアですね。でも大好きです。

ROOMIE編集部 鈴木拓郎太

ROOMIE編集部

ROOMIEエディターたちが研究員となり、最新のアイテム情報を収集したり、みなさんの部屋を訪問。好奇心を刺激する「暮らしとスタイル」にまつわるすべてのことを研究していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking