たりん

たりん

280

キャンプや旅行の時って、極力荷物は減らしたいけど、必要最小限のお金は持っておきたいですよね。

そうなるとコインケースを思い浮かべますが、帰りのことを考えると、カードかお札は必要かな……。

でも小さい財布って、容量や耐久性がガッカリなことが多いイメージです。

手のひらサイズのお財布!

GREGORY「コインワレット」 価格2,160円(税込)

そんな時にぴったりなのが、バックパックでおなじみGREGORYの「コインワレット」

なんと厚さは1.5cmほど。手のひらにちょこっとのせられるサイズ感です。

こんなところにもスッポリ

レディースのズボンの小さなポケットにも……

上着のポケットにもスッポリ入ります!

一般的な長財布と比べたら、半分くらいの大きさですね。

でも、肝心なのはここからです!

収納力は、コインケース以上!

お札、コイン、カード、それぞれ6枚ほど入れてみました

しっかり入りきったうえに、まだまだ入れられそうです。

現金はあまり使わない、でもいわゆる「コインケース」だと小さすぎる……という人には、ぴったりの収納力では?

背面ポケットは、suicaなどを入れるのに便利!

頼もしい耐久性!

「コインワレット」は、バックパック同様しっかりとしたナイロン素材

生地に厚みがあり、裏地も付いているのでかなり丈夫です。

GREGORYのバックパックユーザーはご存知のことと思いますが、耐久性は本当に優秀

私もいくつかGREGORYのアイテムを持っているのですが、一番古いものは、小学生の頃からの20年選手です!

小さいのに気配り上手…!

この手の小さい財布って、お札がジッパーに噛んじゃったことありませんか?

でも、これなら大丈夫。

ジッパー下の仕切りが、ファスナーからお札を守ってくれます!

さらに、仕切りのおかげで、ジッパーがちょっと開いていても、コインはこぼれ落ちません

残念なところ:革ストラップは消耗品。

グレゴリーの特徴である、スウェード革のストラップは、もちろんこの財布にもついています。

使いやすさに一役買ってくれていますが、財布はバックパック以上に開閉回数が多いし、長く使用するうちに、びろーんと伸びてきてしまいます。

7年ほど使ったバックパック。頻繁に使うジッパーのストラップが伸びてます…

しかし!この革ストラップ(Sサイズ)はAmazonなどで買えちゃいますよ~。

消耗品と割り切って、使いにくくなってきたら交換するのがオススメ。

お気に入りを選んで!

ベーシックな黒、カモフラ柄など6種類展開。写真は、ガーデンタペストリー柄!

派手なので、バックパックの中で目立って探しやすいのが◎

柄モノは、柄の出方がひとつひとつの商品によって変わるので、店舗でじっくり選んでみるのがオススメです。

アウトドアスペックで頼もしいのに普段使いもできちゃう!といいとこ取りのコチラ、使ってみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい:



コインワレット[グレゴリー]

たりん

1992年生まれ。フリーランスの翻訳、通訳、ライター。東京・三鷹のカフェ「HAMMOCK」を運営したり、都内各地で映画上映会を開いたりしています。チェコ映画が好きです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking