きむ(ら)

きむ(ら)

7

皆さん、普段どんなバッグを使っていますか?

バッグを広く捉えれば、トートバッグ、ボストンバッグ、ウェストポーチ、サコッシュ等々ありますが、私のオススメはバックパック

両手が自由に使えて、荷物も沢山入るので、シーンを問わずとっても便利ですよね。

アウトドアからタウンユースまで

「DAY AND A HALF PACK(デイ&ハーフパック)」 GREGORY公式ストアで23,760円(税込)

そんなバックパックの中でもイチオシなのが、バックパックブランド“GREGORY(グレゴリー)”のバックパック!

GREGORYはアウトドアからタウンユースまで幅広く使えるブランドで、バックパック界のロールスロイスとも言われるくらい、良いバッグを沢山作っています。

実際私も、中学生の時に買ったGREGORYのバックパックを10年以上ほぼ毎日使っていましたが、1度も壊れる事はありませんでした!(多少色は褪せましたが……)

快適な背負い心地

GREGORYはフィッティングにとても力を入れているので、背負い心地が本当に良いんです

背中からショルダーベルトには肉厚なEVAフォームを使っており、使う程体に馴染んできます。

また、胸と腰部分にあるベルトを締める事でフィット感が増し、重い荷物も安定して持てるんです!

しかも腰のベルトは、使わないときはバッグの中に収納できるという細やかな気遣い……。

ビジネスバッグとしても!

このバックパックはHDナイロンという防弾チョッキにも使われていたという頑丈な素材を使用。

HDナイロンは目が荒くテカりすぎないので、カジュアルではありつつも落ち着いており、スーツと合わせても違和感なく使えるんです!

完全にオーバースペックな気もしていますが、ガシガシ毎日使える安心感は得難いもの。

収納力もバッチリさ!

容量も33Lと大きいので、PCと書類とドリンクと折り畳み傘と…… と、色々入れても全然オーケー!

普段入れているモノを並べてみたら、自分でも驚くほど収納してくれていました。

ちなみにこの状態でも7割程度しか物を入れていないので、ちゃんと詰めればまだまだ入ります……!

残念な所:内側のコーティングが剥がれてくる……

このバックパックの唯一の弱点が、内側の防水用コーティングが経年劣化で剥がれてくるところ

あくまで内側だけなので、目立たないのですが、気にはなるかも……。

こうなってしまったら、防水スプレーを吹きかけるなどしてカヴァーしましょう。

進化するバッグ

この「DAY AND A HALF PACK」はかなり前から販売されているモデルですが、細かいアップデートが行われ、進化を続けています

昔は究極にシンプルで、中が一室だったのですが、今はメッシュの小物入れと、PC等を入れられるスリーブを完備!

全体的なフォルムや、YKK製の大きなジッパーなど、良い所はそのままに使い勝手を進化させるGREGORY、さすがだな~!

あわせて読みたい:



DAY AND A HALF PACK [GREGORY オンラインストア]

7

きむ(ら)

ICT企業に勤めるサラリーマン 兼 2歳児(娘)の父 兼 けん玉チーム「damassy」のメンバー。 趣味は旅行とカメラとけん玉。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking