林 美由紀

林 美由紀

定期的に食べたくなっちゃうんだよなぁ、無印のバターチキンカレー。

実は、今まで何度もリニューアルを繰り返し、進化してきているのをご存知でしょうか。

バターチキンカレー 進化の系譜

発売3年後の2012年に1回目のリニューアルを迎え、単品スパイスを使用して独自の配合でレシピが完成。現地の味に近づけたといいます。

そして、2014年には、バターチキンの味を決めるスパイスの「カスリメティ」を加えて、バターチキン独特の味わいに。

2016年にはレトルトでは使用していなかったバターオイルの一種の「ギー」を使用し、深いコクとまろやかさを実現させています。

すごいこだわりだ……「バターチキンカレー」はさまざまな試行錯誤を経て、どんどん進化の道をたどってきたんですね!

2019年のバターチキンカレーは…?

そして、今年リニューアルしたバターチキンカレーは味を決める重要な要素である「トマト」に着目。

トマトを従来の2種類から3種類に増やし、酸味と甘みの強いトマトに加え、旨味もあるバランスの良いトマトが使用されています。

また、鶏肉の量も増え、スパイスの香りが生きたコクのある旨さに!

これだけ人気があるのに、さらに進化をし続ける無印の「バターチキンカレー」。

今回のトマトの味を堪能しつつ、思わずさらなる進化にも期待しちゃう!

あわせて読みたい:



無印良品 バターチキンカレー [PRTIMES]

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking