Fukuko

Fukuko

17

せっかくアウトドアに行くなら、キレイな景色を一眼カメラに収めたい。

だけどカメラって、持ち運ぶのにむき出しも不安だし、かといって大げさなカメラバッグは荷物になっちゃう。

簡単にガードできるものがあったらいいな……と思っていたら、モンベルにぴったりなカメラカバーがありましたよ〜!

モンベルの「カメラップ」

こちら、モンベルで見つけた「クリマプロ カメラップ」

まさに、カメラをくるっとラップしてくれるアイテムなんです。

言うなれば、カメラ用風呂敷ってかんじですかね。

ペラっとしてるけど頼りになる!

とはいえ、風呂敷よりかなり電子機器向けに工夫されている、カメラップ。

クッション性というほどでもないけど、裏が薄手のフリースのようにソフトになっていて、カメラを包んだときの安心感がグッとアップします。

そして、表は撥水仕様に。

水をかけても濡れず、雨などで大切なカメラが濡れてしまうこともありません。

どうやって使うの?

さっそくカメラを包んでみました。

比較的小さめのデジタル一眼レフカメラに、やや大きめのズームレンズと、太めのストラップ付き。

カメラップの四隅を中央に持ってきて、くるっと包み込みます

包み方はパッケージの裏にも書かれているので、参考にしてみてくださいね。

ゴムのストラップでホールド

ポイントは、生地の隅についたゴムのストラップ

これで、いろんな形のものをくるっと包んでパチンと留められるんです。

ゴムを好きな位置でホールドしてくれる留め具も、いい仕事してくれますよ〜。

そこそこのボリュームですが、この通りバッチリ

小さめカメラもバッチリ!

もうちょい小さめの標準ズームレンズつきミラーレスカメラも、もちろん問題なく包めます。

生地は50×50cmの大きさがあるので、大抵のカメラはこのラップひとつで包めそうです。

残念なところ:ほとんどありません!

こんなにシンプルな作りで、様々な形に対応してくれるので、困るようなことはほぼありません

しいて言うなら……店頭で売られているこの簡易包装。

口はジップ式になっているし、かけたいところにぶら下げられるので、ケースとして使うのにぴったり

なんですが……

この値札のシールが、ペロッとはがせるタイプじゃないんですよ……。

たいしたことじゃないですが、これがサッとはがせたらケースにするときにうれしかったなぁ~。

カメラだけじゃないよ

一枚布なので、サイズや形に応じていかようにも包めるのが、すこぶる便利。

カメラップという名前ですが、もちろんカメラ以外だってOK!

アイパッドもこんな風に包めます

電子機器以外でも、傷ついたり壊れたりしやすいものを包んでおくのにぴったりですね。

使わないときはコンパクトにたためるし、荷物の隙間に一枚入れておけば、いろんなシーンで活躍してくれますよ!

あわせて読みたい:



モンベル クリマプロ カメラップ

17

Fukuko

くいしんぼうのエディター&ライター。旅をこよなく愛し、おいしいものとライフスタイルをステキに彩るガジェットを求めて、広くて狭い地球を飛び回る江戸っ子。飛ぶように軽くどこまでも歩ける靴と、付け替え用の胃袋がほしいなぁと夢見る毎日……だけど、おうちも大好き。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking