tsuzuki

tsuzuki

1

みなさん、伊勢丹行ってますか?

百貨店が元気ないとか〇〇店が潰れたとかそんなニュースをよく見かけますが、とはいえ「伊勢丹」というブランドはまだまだ人気を博していると思います

山と田んぼと沼しかない田舎から東京へ出てきた僕の中では、まだまだ憧れ心が健在。たまに買い物をして、満足感をいただいてます。

伊勢丹の紙袋を電車の中で持ってる人に、つい目がいく

あ、この人、伊勢丹で何か買ったんだな。

パッとこのデザインが目に入り、そう思う人は僕だけじゃないはずです。

この紙袋を持つと生まれるのは、“伊勢丹で買ってきたで”という、とりわけ高価なモノでなくとも心境に変化をもたらす、不思議と胸を張って帰りたくなる思い。

伊勢丹マジックが発動されるんです。

ワインを購入すると入れてくれる、この細い紙袋が好き

普段は洋服や土産ものばかり購入していますが、最近、ワインを買いました。この細長い紙袋に入れてもらって。

これが好きなんです。普段と違う形状だけど、確実に伊勢丹。細長い、伊勢丹

数週間ほど、何かに使えるのではと考えていましたが、ついに答えが見つかりました。

キッチンの生活感を消す、レジ袋収納に

この細長さ、キッチンで困りがちな「レジ袋入れ」にぴったりなのです。

ダサさ溢れるレジ袋たちを、高級感で包んでくれる

老舗の包容力を、身に染みて感じることができました。

使い勝手とか、いったん忘れてくれ

冷静に考えるとわかりますが、この紙袋の底に入ったレジ袋は、この先、使用する機会がやってこないでしょう

でもそれについては触れないでください。僕はただ、伊勢丹の紙袋を、毎日、目の届く場所に置きたかっただけなので。

あと明日から包装紙のデザインが変わりますね。「あの紙袋が、もうこの先もらえないの!?」と驚いた方も多いかと思いますが、まだ残るのでご安心を。

ワインを買うだけで、収納グッズまでもらえるなんて、伊勢丹には感謝しかありません。

伊勢丹の紙袋が好きな人は、もっと他に使い方がないか教えてください。

もっともっと、部屋を伊勢丹で彩りたいんです。

合わせて読みたい:



1

tsuzuki

暮らしに役立つ情報と、役立たない情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking