1

普段から少しづつ片付けているはずでも、料理中はキッチンもごちゃごちゃしてしまいがち。

主菜も副菜も汁物も作って、あ!お湯も沸かさなきゃ!となるとコンロは大混雑。

でもまだこの鍋、このへんに置いておきたいの〜!

コンロ奥のスペースを無駄にしないラック

家事の効率化のためにもなんとかしなければ……と探して見つけたのが、山崎実業の「コンロ奥ラック」

鍋や調味料などを置いておける便利グッズで、これが想像以上に頼りになるヤツなんです。

サイズは2種類で、Lサイズは幅約79センチ、Sサイズは約67センチ

わがやではコンロの空きスペースを考えて、Lサイズを購入しました。

ビルトインガスコンロからIHヒーターに対応しているので、自宅のコンロのサイズや設備に合わせて選ぶことができますよ!

料理中のストレスが減る〜

我が家でよくある光景は、こんな感じ。

今までは鍋敷きをテーブルの上に置いて、鍋やフライパンを一時避難させていましたが、今ではコンロ奥ラックにそのままポンと置くだけ

無駄な動きなく料理ができるって、それだけで楽しい〜!

鍋やフライパンの他にも、調味料などを置いておけば調理の時短にも

シンプルなアイテムですが、コンロ奥にラックがあるだけでこんなにスッキリするとは!と感動しっぱなしです。

熱にもサビにも汚れにも強い!

スチール製のフレームで熱にも強く、水や汚れにも強い粉体塗装を施しているんだとか。

丈夫で錆びにくく、汚れた時には丸ごと水洗いもできるので、お手入れも簡単です。

脚部分の底面には滑り止めも付いているので、物を乗せるときもズレることなく安定感は抜群!

細かいところまで気が利いた、しっかりとしたつくりになっています。

残念なところ:耐荷重はS・Lサイズともに5キロまで

ストウブなどの重い鍋は出し入れも大変だし、ラックに置いておけるのはとっても便利なのですが……

我が家で一番大きい鍋のココットラウンド26センチは5.7キロあるので、耐荷重5キロをオーバー

調味料やアルミ製の手鍋などを置いておくのには十分ですが、もう少し重いものにも耐えてくれたら文句なしだったなあ。

鋳物の鍋も小さめのものなら安心して置くことができますが、中央部分はやや狭いつくりになっているので倒れる心配も……。

ここに鍋を置くときは、特に注意が必要です!

料理上手になった気分〜

とはいえ自己責任のもと、重たいストウブをちょこっと置いたりすることも。

調理中にフタをサッと置けるのも便利で、効率的な動きをしているとちょっと料理上手になった気さえしてきます

カラーはブラックのほかにホワイトも

モノトーンでスタイリッシュなデザインが、どんなキッチンにも相性が良さそうです。

また、同シリーズにはコンロ奥ラックの他に、コーナーラックの2段や3段もあります

料理が苦手な私でも感じたこの快適さ、あなたにもぜひ味わってもらいたい〜!

あわせて読みたい:



山崎実業 コンロ奥ラック タワー L[Amazon]

1

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking