田口 モトキ

田口 モトキ

1

北欧やイギリスの様々なヴィンテージアイテムが揃う、Lewis目黒店。

店の奥に堂々とした佇まいでディスプレイされていたのが、イギリスのマッキントッシュ社製「ヴィンテージサイドボード」

Lewis目黒店のオーナーである箙(えびら)さんに、このアイテムの魅力を語って頂きました。

老舗メーカーの信頼感



このサイドボードは、60年代のイギリス製。

マッキントッシュ社という有名な家具メーカーが製作したものですね



イギリスのミッドセンチュリーを代表する老舗家具メーカーのマッキントッシュ社

以前ご紹介したラウンドテーブルを手掛けたG-PLANと並び、イギリスのヴィンテージアイテムを語るうえでは外すことのできない存在です。

しかし美しい色合いだ……。 この艶やかなチークの金褐色が、存在感をより強いものとしている気がしますね。

特徴的なルーバーのデザイン

扉に施された“ルーバー”のデザインも特徴的。

細長い板を平行にして組み込まれたルーバー部分は、まるで連続した波か、鳥の翼のよう。

このデザインが、見る側を楽しませる良いアクセントに。

ちなみに、一般的なサイドボードの横幅が180~200cm前後とされるなかで、このサイドボードは170cmと小柄。

日本の住宅にも取り入れやすいサイズなはず、と箙さんは話してくれました。

どうやって使おうかな?



購入される方の7~8割が、TVボードとして使われていると思います。

一般的なTVボードの高さというと40~50cmという低いイメージがありますが、足のあるソファに座っていると、高さが約78cmあるこのサイドボードぐらいでもそこまで気にならないと思いますよ。

こういう雰囲気のボードがあれば、お部屋も良い感じにまとまってきますね



お気に入りのソファに腰を落として、このサイドボードに置いたTVで映画を見る。

それが叶うなら、いつもより何倍も優雅で落ち着いた休日を過ごせそうだ……。

不便さすら愛してしまいたいよ

全ての扉や引き出しをオープンさせると、かなりの収納力を備えていることが分かります。

ルーバー扉の内側にはとりわけ大きなスペースが用意されており、TVボードとして使うならここに付属機械を収納できそう



それに関してはひとつ問題もあって、扉が厚いのでリモコンの電波を通しにくいんです。

いちいち扉を開けたりするのは、現代の家具と比べると不便ですよね



む、確かに。 それは現代家具のつくりと比べれば、便利とはいえないポイント。

でも、それでもいいじゃないですか。 作られた当時には、電波を飛ばすリモコンなんてありませんでした。

ヴィンテージ家具との付き合い方ってきっとそういうもの。自分が惚れたデザインの前では、便利かどうかなんてきっと些細なことになっちゃうはずです!

細かいところにも目を向けて

右側の引き出しに敷かれた紅いフェルト生地や、扉につく真鍮製の金具など、細かい部分に目を向けても楽しいですよ。

こうした細かいディティールと、全体の高級感が合わさってこそのヴィンテージアイテムなのだ、と取材を通して気づかされます。

機能性や利便性ってとっても大切だけど、きっとモノの価値ってそれだけじゃないはず

「これに惚れた!」と、思わず心揺さぶられるような家具を探しに、Lewis目黒店まで足を運んでみてくださいね。

あわせて読みたい:



Lewis 目黒店

1

田口 モトキ

ROOMIE編集部所属。ニトリ暮らし / 田口基岐。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking