浅田 よわ美

浅田 よわ美

1

東日本橋に店を構えるINOUTは、アウトドアに持ち出せる家具や、シェラカップやレザーアイテムのような小物が人気のブランド。

ファンの約8割がキャンパーであるというINOUTの家具は、ウッド、レザー、アイアン、帆布などの自然素材のみを使って作られており、飾り過ぎない“そぎ落としたデザイン”が特徴です。

今回はそのなかでも特にユニークな「コネクタ」というアイテムの使い方を、INOUTの沼田さんがレクチャーしてくださいました。

このアイテムは一体…?

INOUTでも人気のスタックBOXを縦に積み上げはじめる沼田さん。

見慣れないパーツを手に、その積み上げられたBOXの横に立ちます。



家で使う家具以上に、拡張性の高さが求められるのがアウトドアアイテム

収納箱にも、ラックにもなるスタックBOXですが、みんなが持ってるアイテムだから、もっと便利にしたいねとスタッフで話していました。

そうして生まれたアイテムが「コネクタ」です

「コネクタ」と呼ばれる木で出来た翼のようなこちらのアイテム。一体どう使うのでしょうか……?

いきなりテーブルが生まれた!?



大小あるスタックBOXを好きなように組み合わせたら、そこにこの「コネクタ」を刺します。

最後にスタックボックスカバーを上から被せれば、キャンプで使える羽付きのサイドテーブルの出来上がりです



な、なんだこれは!?

目の前でパキパキと組み上げられた立派なサイドテーブルに、驚きを隠すことができません……。

丈夫さだってバッチリ

羽のようになった「コネクタ」に軽く体重を乗せてみましたが、さすがは丈夫なナラ材で出来たパーツ! ビクともしませんよ。

ここにランタンやタンブラーなどの、キャンプグッズを置いてもしっかり支えてくれそうです!

もちろんカバーを外せば、BOXの中に収納することも可能

置き場に困りがちな小物も、ここに全部放り込めば無くす心配がなさそうだな~。

もはやここは家の中では…?



別のテーブルや椅子を置いて、コネクタで作ったサイドテーブルはキッチンとして使うのもオススメです



キャンプなのに、インテリアの配置を楽しむという新たな楽しみ方。これもう我が家なのでは……?

また、耐熱のダッチオーブンがそのまま載せられるカバーもありました。

出来立てのカレーやスープが入ったお鍋をそのまま置くことができれば、キャンプでの食事が捗ること間違いなし!

好きなように好きなだけ繋げよう

連結させたコネクタで、重ねたボックス同士を繋げば広い作業スペースが出現!

横のテーブルとL字に並べることで、キャンプ場に自分だけの陣地が生まれてしまいました。

コネクタを追加で刺せば、便利なラックが下段にも追加されるという事実。

”キャンプ=不便さが楽しい”というイメージが、完全に崩れ去りました。

これだけの贅沢なスペースを広げられたら、きっとひと味もふた味も違うキャンプ体験になるでしょうね……。

ユーザーが考案したアイデアも!

「スタッフも知らなかった使い方を、ユーザーが考案して教えてくれることがよくある」という沼田さん。

例えば……と言って、組み上げられたのは高さのあるスタンドキッチン!



キッチンとしても棚としても使えるけれど、これなら幅を取りません。

こんな風に好みに合わせて、パーツをカスタマイズしてもらえたら嬉しく思いますね


INOUTの製品同士を繋ぎ合わせる「コネクタ」があれば、オリジナルのアウトドア体験を楽しめる。

この拡張性、他では考えられない異次元のレベルですね!

INOUTで揃えたくなるプレートの存在

INOUTの家具の特徴は、すべてに「ネームプレート」がついていること。

ひとつでも満足感のあるINOUTの家具ですが、ひとつひとつの存在感を高めてくれるネームプレートがついていると、他のアイテムもINOUTで揃えたくなってしまうという、ファンの気持ちも分かります。

ぜひ東日本橋の店舗に足を運んで、そこにあるアイテムに腰掛けたり、繋ぎ合わせてみてください。

きっとそのなかで、アイテムたちの奥に潜んだ「INOUTのこだわり」を感じられることでしょう。

あわせて読みたい:



INOUT

1

浅田 よわ美

奈良出身のライター。海が好きで、海が青くなるから夏も好きです。どこに住むのか、どう働くのか、人それぞれの個性に合った「らしい暮らし」を探ることに興味があります。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking