田口 モトキ

田口 モトキ

3

腕時計の顔とも言える、文字盤のデザイン。

機械式やデジタルなど様々な種類がありますが、どのメーカーも文字盤へのこだわりは持っていますよね。

だからこそ、こんな腕時計ならみんなから注目されるはず!

映画のタイトル?

「MARS MISSION」「THE MOON WALKER」と名付けられた、映画のタイトルのような名前の腕時計たち。

クラウドファンディングサイトKibidangoで支援プロジェクトが進行中のアイテムです。

なんとこの腕時計は、プロジェクト開始からわずか43分で目標金額の100万円を突破したといいます。

リアルな月と火星

なぜそんな注目されているのか? その理由は特徴的な文字盤のデザインにありました。

なんと、立体感をつくるエンボス加工によって再現された、めちゃくちゃリアルな月と火星の表面が。

「月で餅をつくウサギを描きました~!」なんてもんじゃありません。

星の表面を間近で見たことはありませんが、この凹凸がリアルだってことぐらいは分かります。

夜にはぼんやり星が浮かぶ

しかも日中で光を蓄え、暗い中ではそれぞれに合った色に発光するというギミックつき。

その他にも、NASAの宇宙船で使われている機械がモチーフになった各パーツなど、宇宙に対して尋常じゃないこだわりを感じます。

文字盤の裏側は、なんと火星探査機をモチーフにしたデザインなのだとか……。

そのくせ、イタリアンレザーの本革を採用したストラップなど、おさえるところはおさえているのがニクいですね。

その手に宇宙を!

Kibidangoでの支援価格は、「MARS MISSION」が59,800円(税込)と「THE MOON WALKER」が74,500円(税込)

複数のデザインバリエーションがあるそうなので、自分好みの宇宙を探してみて下さい。

自分の腕に太陽系の惑星がおさまっている全能感、半端じゃなさそうです。

あわせて読みたい:



たった43分でクラウドファンディング目標達成!リアルな火星と月を再現したファッション時計「MARS MISSION」と「THE MOON WALKER」が日本上陸決定!

田口 モトキ

ROOMIE編集部所属。ニトリ暮らし / 田口基岐。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking