野田 翔

野田 翔

意外と難しいバーナー選び。

大きな鍋で調理したいし、それなりの大きさは欲しい……。

でも、キャンプだけじゃなく、登山にも持っていきたいからコンパクトなヤツで……。

あ、あわよくば安定感も欲しいな……。

ゴリゴリの岩場でもノンストレスよ

な〜んてワガママな欲求も叶えてくれたのが、スノーピークの「ヤエンストーブ レギ」なんです。

まず特筆すべきは、とにかく安定感!

通常のバーナーのようにガス缶だけで支えるのではなく、3脚のような脚で支えます。

だからこそ、こんな山中の岩場でさえも、一瞬で調理スペースに早変わりさせちゃうワケです。

1.5リットル鍋もイケちゃう!

さらに嬉しいのがこの4枚ゴトク!

幅が広いので、トレック900もこの安定感。どっしり。

「鍋径ここまで」のシール通り、なんと1.5リットル鍋までイケちゃうんです。

火力もバッチリ

それでいて、最大出力は2900kcal

この火力、同じくスノーピークの「ギガパワー プレートバーナー」並なんですよね。

猛者はこのレギで天ぷらまで揚げてしまうそうですが、一度使うと「なるほど、こりゃイケるわ」と頷いてしまいます。

たためば手のひらサイズ!

なのに、折りたためば手のひらサイズになっちゃうんですよ。しかも重さ220g

これがホント最高。ザックの重さも場所も取らないので、登山する時は本当に嬉しいですね。

バラし、組み立ても簡単〜

バラし、組み立ては慣れれば1分ほどでできちゃいます。

まずは、器具栓ユニットとバーナーユニットをバラして、

バーナーユニットの脚をたたんだら、

ゴトクをくるっと回転させて収納。

あとは、ガス缶から器具栓ユニットを外す。これだけです。

付属の袋にいれれば、先ほどの手のひらサイズになりますよ。

残念なところ:トレック 900には入らない…

残念ながら、定番の鍋セット、トレック 900にはガス缶とペアでは入りません。

どうやら、ちょっとお高めのヤエンクッカーシリーズなら入るらしいので、「どうしても入れたい!」という方はそちらを。

登山メシもキャンプメシも捗るわ〜

この通りの性能なので、登山はもちろん、キャンプもコレですませてしまうのも全然アリ!

手のひらサイズの220gで、1.5リットル鍋もイケるとなれば、大型バーナーよりコイツに手が伸びちゃうのは仕方ないよね……。

着火用のイグナイタもついてるので、初心者の方にもピッタリ。ぜひチェキってみてください。

100回以上の人気連載「マイ定番スタイル」では、私たちの暮らしを変えてくれそうなアイテムを実際に買ってレビューします。

あわせて読みたい:



一部image:「スノーピーク(Snow Peak) ギガパワー プレートバーナーLI GS-400」 amazon商品ページより

野田 翔

ROOMIE編集長。趣味はレア植物探し、インテリアショップ&服屋巡り、アウトドア、銭湯、映画とマンガ。自販機のお釣りをとるのが世界一ヘタクソ

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking