Fukuko

Fukuko

1

寒い季節のアウトドアの楽しみといえば、焚き火!

でも、火にあたっているお腹のほうはあったかいけど、背中はちょっと寒かったり……。

かといって、火の近くで毛布やブランケットを使うのってちょっと心配……。

火に強い素材でできた毛布

そんなことを考えていたら、「燃えないマイヤー毛布素材」なんて心強いただし書きの毛布を見つけてしまいました!

素材はポリエステル100%ですが、難燃性の素材でできているので、火の近くに置いても燃えないんです。

有害な煙も出ないとのことで、安心!

発売しているのは、アメリカのアウトドアブランド、オレゴニアンキャンパー

このブランドから、この冬業界初として登場したのが「ファイヤープルーフシリーズ」です。

その名の通り、火に強いブランケットやチェアカバーなどがラインナップされています。

ゆったりサイズで全身ぬくぬく

ミンクタッチと呼ばれる、それはそれはやわらかで滑らかな肌触り

つい、意味もなく何度もなでちゃうくらいの気持ちよさなんです……。

しっかり厚みもあって、ぬくぬくあったかい〜

写真はLサイズですが、このほかにSサイズ、Mサイズがあります。

Lサイズは、身長約155cmの女性が頭からすっぽり包まれるくらい

肩からかけるだけなら、大人2人でも大丈夫なゆったりサイズ!

残念なところ:毛羽が立ちやすい

ある程度はしょうがないんですが、この毛布、毛玉もできやすく、ちょっと毛羽立ちやすいんです。

黒いパンツなんかだと、抜けた毛がかなりめだってしまうことも……。

アウトドアで使うぶんには我慢できますが、そこだけちょっと残念なところです。

家でもやっぱり安心だなぁ

昔ながらのストーブとは違って、ヒーターって直に火が見えないからつい油断していませんか?

実は石油やガスのヒーターだけでなく、電気ヒーターから火がついて火事になってしまうケースも。

だからこそ、家の中でも燃えない素材の毛布を使いたいものです。

これなら、お子さんやお年寄りがヒータの近くで使っても安心

大人だって毛布にくるまってヒーターにあたってるうちウトウト……なんてこともありますからね。

まだまだ寒いし、風邪やインフルエンザも流行っているこの季節、この燃えない毛布であったかく過ごしましょう

あわせて読みたい:



1

Fukuko

くいしんぼうのエディター&ライター。旅をこよなく愛し、おいしいものとライフスタイルをステキに彩るガジェットを求めて、広くて狭い地球を飛び回る江戸っ子。飛ぶように軽くどこまでも歩ける靴と、付け替え用の胃袋がほしいなぁと夢見る毎日……だけど、おうちも大好き。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking