林 美由紀

林 美由紀

2

いつも目にしているアレ……ん? あれ!?

この紅茶のティーバッグ、なんだか、でかくない?

その正体とは……。

ティーバッグのバッグ?

その正体は、あのティーバッグのデザインがそのまま大きい封筒になったバッグ「ティーバッグ風封筒(しょるいぶくろ)」

大人だからこそ楽しく使える紙製品やユニーク文具を制作するクリエイター「cobato」が作ったバッグです。

意外と物も入ります!

紙製のバッグではありますが、マチが3cmあるので、雑誌は4冊程度入ります。またノートパソコンもすっぽり入ります。

表にはPP加工が施されているので、水を弾きます。

クラッチバッグの代わりとして普段持ち歩けば、通勤通学時だけでなく、仕事や学校でも注目されそう。

誰もが知っているあのティーバッグ風のデザインだからこそ、つい2度見してしまうインパクト大のバッグに。

目立ちたいなら必携のバッグ、予約注文はヴィレッジヴァンガードのネットショップから。

あわせて読みたい:



【cobato】ティーバッグ風封筒(しょるいぶくろ) [PRTIMES]

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking