浅田 よわ美

浅田 よわ美

4

東日本橋に店を構えるINOUTは、アウトドアに持ち出せる家具や、シェラカップやレザーアイテムのような小物が人気のブランド。

ファンの約8割がキャンパーであるというINOUTの家具は、ウッド、レザー、アイアン、帆布などの自然素材のみを使って作られており、飾り過ぎない“そぎ落としたデザイン”が特徴です。

今回は、そんなINOUTの沼田さんに、一度で何度も感動できる収納BOXとシェルフを紹介してもらいましょう。

見せる収納、隠す収納

こちらのアイテム名は「スタックボックスシェルフ」

大小9つの収納BOXが入る、大容量の収納棚です。

黒いスチールのフレームに、統一されたデザインのBOXが納まるその姿は、自宅とアウトドアを行き来するINOUTのスタイルを体現しているかのよう。

デザインの面白さだけでなく、中の見えないBOXのおかげで、急な来客時の心強い味方になりそうです。

どれを選ぼうかな?

BOXは、ブルーグレー/ブラック/カーキの3色展開。

前から作ろうかって話はあったんですが、お客さんに聞いてみたらやっぱり「カーキ欲しいね!」と言われたものですから。

一番の人気色は、やっぱりそのカーキなんですよ

家の中で使えるのは勿論のこと、細かいギアや、アウトドアアイテムを収納しておくのにもピッタリ

キャンプに行くときに、シェルフから引き抜いて、そのまま持って行けちゃいますからね!

棚から棚が生まれた!

「こんな風にも使えますよ」と、沼田さんが一つのBOXを抜き出しました。

中の間仕切りを自由に変えられるBOXを縦置きすれば……

なんと、小物が置ける立派なラックに変身! 棚から棚が生まれた瞬間です。



INOUTの家具はどれもシンプルなデザインですが、機能的には一粒で、2度おいしいの的なアイテムが多いです。

ただでさえ荷物の多くなるキャップでは、あまり荷物を増やしたくないもの。

なので、キャンパーの方々にとっては、こうした拡張性があるアイテムは堪らないんじゃないでしょうか。

アパレルショップみたいなディスプレイも!

三段のうち、上段を全て引き抜いてしまえば、ディスプレイ台にすることも可能。

このスペースにお気に入りの服を置いてあげれば、さながらアパレルショップのディスプレイのような雰囲気に!

BOXを移動させてあげるだけで、ガラッと印象が変わるユニークさがありますよね。

ちょっとしたワガママも叶えられる!

W1200/D410/H900という意外とコンパクトなサイズ


このシェルフの魅力のひとつは、ある程度、フレーム内のサイズをカスタムオーダーできるところ。

大きなBOXを二段にしたければ、中央のスペースを広めにするなど、ちょっとしたオーダーメイドのような発注ができます


BOX単体の購入も人気

「Stack Box/Low」21,500円 (税別)

INOUTのアイテムは全て単品購入が可能です。

このBOXも、もちろんその対象。

仕切り位置が好きに変えられるなどの利便性はもちろん、外にそのまま持ち出せる収納として人気があります。

まずはこれを入り口にして、うちの家具を揃いはじめるお客さんが多いんですよ

いつかはお迎えしてみたい

ひとつひとつが機能的なBOXとシェルフが合わさって、収納としてもディスプレイとしても楽しめる

暮らし方によって変わる用途にも、ピッタリ合わせてくれるこのシェルフのお値段は、320,000円 (税込)

この金額を見ても、機能性と遊び心に溢れたこのシュラフを、いつかお迎えしてみたいと思ってしまうのでした。

あわせて読みたい:



INOUT

4

浅田 よわ美

奈良出身のライター。海が好きで、海が青くなるから夏も好きです。どこに住むのか、どう働くのか、人それぞれの個性に合った「らしい暮らし」を探ることに興味があります。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking