きむ(ら)

きむ(ら)

3

かっちりした革靴も良いですが、気軽に履けるスニーカーってやっぱり魅力的!

ですが、ひとえにスニーカーといっても、シンプルなものから、ゴツいものまでそのタイプは様々。

その中で、私が気に入っているのがこの1足です!

人気モデルの復刻版!

Reebokのハイテクスニーカー「Instapump Fury OG(インスタポンプフューリーオリジナル)」

1994年に発売されたスニーカーのアップデート版で、空気を注入して靴を足にフィットさせることの出来る“ザ ポンプテクノロジー”を搭載しています。

このフォルムとテクノロジーは、当時ではかなり画期的だったんだろうな~!

靴ひもが無い!?

このシューズの1番の特徴は、やはり前述の“ザ ポンプテクノロジー”でしょう。

空気の力で靴を足にフィットさせるので、シューレースはついていません

タンについたボタンをプッシュする毎にジワジワと締まっていく感覚は、何度やっても飽きないんですよね~。

優しい履き心地

ランニングシューズとして作られているので、足に負担が掛かりにくいのも魅力のひとつ。

約3.5cmもあるソールには、NASAも開発に携わったというハニカム構造の衝撃吸収材「HEXALITE」を搭載

このおかげでクッション性が高まり、とっても柔らかい履き心地を実現。

ちなみに「NASAと共同開発」って所に、どことなく懐かしさを感じるのは私だけでしょうか?

見た目に反して、軽い!

ゴツい見た目でちょっと重そうに見えますが、実は732g。 きちんとフィットさせているとかなり軽く感じます。

1歩ごとに加速し、どんどん足が進んでいきますよ!

この靴みたいに、見た目だけじゃなく履き心地も優れているのが、真のハイテクスニーカーだと思いますね。

ちょっと細め

シューズ自体がやや細めの作りになっているので、幅広の足の方はサイズ選びを慎重に

いつもよりも少し大きめサイズを選ぶと良いかもしれません。

ただし、大きめサイズにしても“ザ ポンプテクノロジー”のお陰で、しっかりホールドされるのでブカブカで困るという事は少ないかも!

なお、脱ぐ時はポンプの右にある突起を押し込むと「プシューッ」と一瞬で空気が抜けて、シューズを脱ぎやすくなります。

残念なところ:この時期はちょっと…

サイドに穴が空いたデザインになっている事もあり、蒸れにくい構造になっているのですが……。

この時期はここから冷気が侵入してくるので、冬にはあまり向いていないかもしれません。

カラーバリエーションも豊富

初期モデルの発売から約4半世紀も経っていることもあり、カラーバリエーションはとっても豊富

ベーシックなブラックやグレーはもちろん、カラフルで派手なデザインのものまで色々あります。

更には、様々なブランドとのコラボモデルも多数存在し、全部で何種類あるのかはもはや分かりません……!

この中から、気に入ったデザインを探すだけでもワクワクしてきますよ~!

あわせて読みたい:



きむ(ら)

ICT企業に勤めるサラリーマン 兼 2歳児&0歳児(共に娘)の父親 兼 けん玉チーム「damassy」のメンバー。 趣味は旅行とカメラとけん玉。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking