haco

haco

16

狭いわりにモノが多い洗面所。

その上、洗剤のパッケージやらドライヤーやらで生活感が丸出しに……。

スペースをもっと活用して、スッキリ収納したい!

幅わずか18cmのストッカーが便利!

そんな隙間収納の救世主が、無印良品のストッカーです。

本体は、深型引き出し2段と標準引き出し1段の、3段仕様。

付属のキャスターを取り付ければ、可動式のストッカーにもなる優れものです。

そしてなんと、幅わずか18cmと、かなりスリム!

普通なら何も置けないような、洗濯機の横のわずかな隙間にも置けてしまいます。

とはいえ、スリムな分、収納力も下がってしまいそう……。

追加用の引き出しで、収納量アップ!

と、思いきや、別売りの追加用の引き出しを揃えれば、収納力はかなりのものに!

深型(税込1190円)、標準(税込790円)、浅型(税込690円)の3サイズがあり、自由に組み合わせができます。

わが家では『標準』と『浅型』を1つずつ追加しました。

ちなみに、引き出しを追加する場合はキャスター分4.2cmを含めて122cmまでの高さ制限があるので、要注意。

引き出し5段を使った場合、これだけモノを入れてもあと1.5倍くらいは収納できそうな余裕が……。

スリムな見た目でどこにでも収納しやすいのに、こんなにたくさん入るなんて、このストッカーかなり優秀です!

3つの引き出しの使い方例

『深型』

深さ26.5cmの深型の場合、高さのある詰め替え用洗剤がピッタリ

スプレー缶も立てて収納できました。

今までは倒して入れていたものがすべて立てて収納できるようになったので、以前より格段に取り出しやすくなりましたよ〜

『標準』

深さ17cmの標準タイプの場合、ミニサイズのスプレー缶や日焼け止め、ポケットティッシュなどがピッタリ

ドライヤーのざっくり収納にもちょうどいいサイズ感です。

コードをグルグル巻きにしたり束ねたりしないでゆるっと収納できるから、故障や火事の心配もないですね。

『浅型』

深さ7cmの浅型には、ブラシやヘアアイロンを入れてみました

浅い分、上からのぞいたときに中身がすべて見えるので、ヘアアクセサリーなど細かいものの収納にも向いていそうです。

残念なところ:一度つけたら戻らない…

引き出しを追加するときは、天板を外して追加の引き出しをパチッとはめ込むだけ

作業は簡単なのですが、一度つけたらもう外すことができません

無理に外そうとすると割れてしまうそう……。

使ううちに引き出しの順番を変えたり、途中の段に追加したくなったりしても、それができないのが残念です。

気になる「透け具合」は…

本体の側面は、思っていたよりは透けにくいです。

一方、中の引き出し部分の側面はかなりスケスケ。

前面は、側面同様の透け具合。

外側の面は透けにくくなっているので、普段ストッカーを置いておく分には、あまり気にならなそうです

それでも気になるときは…

それでも気になる方は、ホームセンターなどに売られている『プラダン』をカットして入れるのがおすすめ。

多少、透け感が和らぎますよ。

外側はフラットなので、汚れても掃除がしやすそう

狭い場所でスッキリと収納したい方に、ぜひぜひおススメしたい収納アイテムです!

あわせて読みたい:



無印良品ポリプロピレンストッカーキャスター付・1

haco

北欧インテリアが大好き。季節ごとにディスプレイしたり、おしゃれで機能的な収納を考えたりするのが幸せです。ママもこどもも暮らしやすく、普通の日々がもっと楽しくなる収納やインテリア、おうち時間を提案します。整理収納アドバイザー2級、ルームスタイリスト1級。北欧式整理収納プランナー。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking