Kanro

Kanro

34

出しっ放しにしとくと、どうしても生活感が出ちゃう日用品

かといってしまい込むと出すのが面倒ですよね。

何でも放り込むだけで様になる、頼れるバッグがありましたよ。

これってよくある紙袋?

それがプエブコの「グロウサリーバッグ」昔ながらの茶色い紙袋……と思いきや、実は布製

コットンのバッグにロウ引きがしてあるんです。

ハリと厚みがある素材に、マチもたっぷりあるので、空の状態でも自立しますよ。

使わないときはコンパクトに折りたためるので、収納や持ち運びにとっても便利。

キッチンで大活躍

9リットルは、根菜類のストッカーに最適

紙袋より丈夫だし、キッチンの片隅に置きっぱなしでも生活感が出ないのがうれしいところ。

23リットルは、お米や水なんかもスッポリはいる大容量サイズ。パントリーで活躍しますよ。

ちなみに、約10㎏の荷物を入れて、袋の口をつかんで持ち上げてみましたが、破れたりほつれたりする気配はありませんでしたよ。

重いものも安心して入れられますね。

ショッピングに持っていきたい!

食材を入れるだけでとにかく絵になるのが、このバッグのいいところ。

だれでもパリジャン・パリジェンヌ気分が味わえます(笑)。

こんなかんじで小脇に抱えるには、9リットルがジャストサイズですよ。

普段エコバッグとして使うのはもちろん、バーベキューやホームパーティーに持ちよった食材をバッグごとプレゼント、なんて素敵ですね!

生活感の出ない収納にも

家の中の生活感も消してくれるのがこのバッグ。

取り込んだ洗濯物なんかも、まとめて放り込むだけでいい感じに目隠してくれます。

また、紙のように繰り返し折って使えるので、内側に折り込んでビニール袋をはさめば、即席ゴミ箱に早変わり。

軽くてヒョイと持ち運べるので、使う場所に合わせて、移動できて便利ですよ。

ロウ引きならではの味わい

撥水効果があるので、水周りや外での使用も問題なし。

さらに、使い込むうちに風合いがでて、自分だけの味が楽しめるのだとか。

これは使うごとに愛着がわきそうですね。

残念なところ:温度には気を付けて!

重さにも水にも強いタフな子ですが、ロウなので熱には弱いんです。

キッチン回りやアウトドアで使うときは、熱源に近づけすぎないように注意してくださいね。

使い方は自由自在

折って高さが自由に変えられるので、収納に困りがちなドライフラワーもいい感じに収まりました。

中に花瓶や鉢を入れれば、グリーンも楽しめそうですよね。というか、もう何を入れても様になるのでは……?

サイズは他に、細長い4リットルと最大容量の40リットルもあり計4種類。それぞれ、ブラウンとホワイトの2色展開です。

シンプルなアイテムなのに、1度使うと他のサイズや色まで欲しくなる。不思議だわ。

あわせて読みたい:



プエブコ 公式サイト

Kanro

果物ともちもちした和菓子が大好物です。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking