たりん

たりん

インテリアといえばイデー。

おしゃれな家具は見てるだけで楽しいし、良いインテリアグッズ探しはイデーショップに行けば間違いない。

そんな“インテリア”のイメージが強いイデーですが、アパレルもあるんですよ!

ハギレから生まれる着心地の良い服!

春らしいピンクがかわいいワークコート。

2月8日から販売される春夏コレクションのひとつです。

このワークコート、実は、もともと無印良品で生産された生地なんですよ!

監修はあの有名デザイナーさん!

この服は、イデーのプロジェクト「POOL」のひとつとして作られたものです。

「POOL」は、大量に作られる素材や、製造過程でうまれるハギレ・端材を使って、さまざまなクリエーターや企業と一緒に新しい価値の加わった商品をつくる取り組み。

このプロジェクトの監修はminä perhonenのデザイナ―、皆川明さん。 安定感ある…!

今回販売される「いろいろの服」は、この「POOL」の一環として、無印良品の記事を無駄なく使い切るために生まれたんだとか。

全て天然素材だから、着心地よし◎!

使われているのは全て天然素材。

製品染めなので、使うごとに馴染んでいって、経年変化も楽しめそうですね。

大事に使えば、長く寄り添ってくれる、これはイデーの家具と一緒だな〜。

今回のラインナップは、ワークコートやトートバックなどベーシックに使える7種類のアイテム。

まだまだ寒い日が続きますが、春夏らしい色合いのイデーのアパレルで、春支度をはじめてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい:



【イデー】POOL いろいろの服 2019 SPRING-SUMMER COLLECTION 2月8日(金)発売

たりん

1992年生まれ。フリーランスの翻訳、通訳、ライター。東京・三鷹のカフェ「HAMMOCK」を運営したり、都内各地で映画上映会を開いたりしています。チェコ映画が好きです。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking