たりん

たりん

小さな部屋でシンプルに暮らしたい!

引っ越した時はそう思ってたのに、色々揃えたら、部屋がモノでいっぱいに…!

そんな悩みをお持ちの方へ。

これに買い換えれば解決しちゃうかも…!?

「スツール」って名前だけど…?

こちらの「Ulm Stool(ウルムスツール)」。

コの字型に、丸棒が通ったシンプルなデザインのスツールです。

名前には「スツール」とついていますが…

サイドテーブルとしても使えます!

ソファの隣、ベッドの隣、どこでもしっくりくるな〜

90度ひっくり返せば、本棚に!

いくつか揃えて重ねることもできますよ〜。

これは便利だ…!

さすが!近代名作家具!

ご覧ください。この美しい継ぎ目。

釘を1つも使わない木組みで作られています。

写真の座面の部分は「組継ぎ」という工法でくっついています。

強度があり、反りやねじれを防いでくれてるんだとか。

このスツールをデザインしたマックス・ビルは、バウハウスの理念を継いだ「ウルム造形大学」の初代学長を務めた人物。

当時の大学では、スツール、デスク、踏み台、教科書の持ち運び…実際にいろんな方法で使われていたんだとか。

しっかりした作りですが、重さは約2.5kgと軽く、丸い棒を持てば、持ち運びもラクラク。

うーん、さすが。良くできてるな…!

カラーもたくさん!

「Ulm Stool Color」は全6色。

ポップな色合いで、子どもの部屋にも良さそうだな〜。

無塗装の「Ulm stool」は¥39,960 (税込)。「Ulm Stool Color」は¥75,600 (税込)と、値段の差がかなりあるので、ご注意を。

色合わせによっては大人っぽい雰囲気にも。

狭い部屋でモノが増えちゃってどうしよう!とお悩みの方、お買い物候補に入れてみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい:



Ulm Stool[FLYMe]
Ulm Stool Color[FLYMe]

たりん

1992年生まれ。フリーランスの翻訳、通訳、ライター。東京・三鷹のカフェ「HAMMOCK」を運営したり、都内各地で映画上映会を開いたりしています。チェコ映画が好きです。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking