南條祐弥

南條祐弥

みなさんは、どんな爪切りを使っていますか?

100円均一のリーズナブルなものから、高級品までいろいろありますが……。

そのなかで、今回おすすめするのは手頃な価格なのに、切れ味がいいと評判の、無印良品の爪切りです。

刃物の町、岐阜県関市の職人たちの技が光る

「刃物の町」として名高い岐阜県関市。

無印良品では、化粧用の刃物製品のすべて岐阜県関市で作っているそうです。

関の刃物の特徴は、「切れ味良く、芯が強く、刃こぼれがしにくい」です。

刃を研いだり、噛み合わせを調整したり。

無印の爪切りには、職人の熟練した技術力が不可欠です。

実際に切ってみると切れ味の良さを体感できますよ。

シンプルなデザインで汚れが残りにくい


構造はとてもシンプルです。

こんなふうに、切った爪が飛び散らないカバーがついています。

カバーは簡単に取り外すことができるので、掃除も楽々

クロスにラインが入っている箇所がやすりです。

爪を整えることができるので、爪切りの仕上げもバッチリ

見た目よりも少し重さがあって、丈夫な造りでした。

それにもかかわらず、価格は650円(税込み)

職人の手で作られる、本格派の爪切りがリーズナブルに手に入るんです。

残念なところ:小さい爪は、やや切りにくい


この爪切りのサイズは「大」です。

大人の爪を切る場合は、問題ありません。

しかし、子どもや小さい爪の人にはちょっと大きすぎるかも。

小回りを重視するなら「小」サイズを選択しましょう。

「小」サイズの爪切りは、450円(税込み)です。

もちろん、こちらも岐阜県関市の職人の手で作られています。

男性の爪でもサクサク切れます

私の手や足の爪はもちろん、男性の分厚い爪も快適に切れます。

夫に試してもらったところ、手も足もちゃんと切れるとのこと。

無印良品のWebサイトによると、「誰もが満足して使えるポイントで調整します」と記載されていました。

いろんな爪の形や固さに対応できるように作っているそうです。

家族で使えるから、家庭にひとつあれば重宝します。

日常生活に関わることだから、こだわりたい

長いと家事の邪魔、育児しにくい、長さを調整したい、なんとなく切りたい。

爪を切る理由はいろいろです。

理由は違っても、爪切りは生活に欠かせないもの

だからこそ、切れ味にこだわりましょう!

これまで何気なく爪を切っていた私でも、無印良品の爪切りの切れ味の良さはハッキリわかりました。

ぜひ、職人の技が光る爪切りをお試しくださいね。

子育て中のお父さんお母さんはいつも大変…! 連載「KIDS ROOMIE」では、子育てを時短して自分の時間を作ってくれるアイテムや、インテリア性の高い知育玩具などをレビューします。

あわせて読みたい:



スチール爪切り・大 PPカバー付[株式会社良品計画]

南條祐弥

大阪出身、東京在住。食と健康、女性のライフスタイルについての記事を執筆する薬膳ライター。家族が笑顔になる、暮らしが豊かになるアイテムを探すのが好き。家事・育児経験を生かし、衣食住が楽しくなる情報を発信します。

feature

子育て中のお父さんお母さんはいつも大変…! 連載「KIDS ROOMIE」では、子育てを時短して自分の時間を作ってくれるアイテムや、インテリア性の高い知育玩具などをレビューします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking