sato

sato

4

ついこのあいだ年が明けたと思ったら、1月も後半。年末年始の忙しさで、忘れていることありませんか?

たとえば、今年のカレンダー

そういえば買い忘れてたという人にもおすすめしたいのが、ほぼ日の定番、コチラです。

使ってなっとくの便利さ

ほぼ日ホワイトボードカレンダー 2019、フルサイズ 2,808円(税込)。サイズ違いで、ミディアム 2,268円(税込)、卓上版のファイルポケットつき 1,620円(税込)もあります。

子どもが生まれたこともあり、主人とスケジュールの共有をするために去年から使いはじめました。

それまで家ではカレンダーを使っていなかったのですが、いざ使ってみるととっても便利。

スケジュールを見える化することで、「言った言ってない」の議論もなくなり、「あれっていつだっけ」もなくなり、ストレスがひとつ減りました。

何度でも書いて消して

予定は未定……たびたび変更することも多いですよね。

気軽に書いて消せるホワイトボードはスケジュール管理にはうってつけの存在

これをカレンダーにしてしまったほぼ日さん、やはりさすがです。ホワイトボードといっても紙のように薄いので、形状はきちんとカレンダー。

月が終わったらベリッと切り取ります。

月の数字がかわいらしい~

カレンダーのデザインはとてもシンプル。月の数字がアクセントになっています。

毎年一流のクリエイターさんにお願いしているらしく、2019年版はアーティストの小方英理子さんの陶芸作品とのこと。

どの月も独創的で、このカレンダーをよりオリジナルな存在に見せています。

スケジュールを家族で見える化

最近少しずつ仕事を再開したのですが、そこで重要になってきたのが主人とのスケジュールの共有。

子どもをみててもらえるので、主人の休日はとても貴重。休日は不定期なのですが、これでいつでも把握することができます。

それから予防接種や公共のイベント事など、意外と多い子ども関連の予定も決まったらすぐ書いておきます

私と主人それぞれの予定は、イニシャルを付けて。

お互いがフリーの日もひと目でわかるので、「この日が空いているから出かけようか」と家族の時間も有効に使えるようになりました

残念なところ:切り取るのがもったいない

紙みたいとはいえホワイトボード。月が終わって切り取る時、なんだかちょっともったいない気がします。

スケジュール帳だと一年の予定がそのまま残るのですが、切り取ってしまうと残らないのもちょっと寂しくて……。

今年からは、切り取る前にスマホで撮影しておくことにしました。

家族のタスクをメモ

カレンダーの下にはたっぷりのメモスペース。ここには家族でやるべきタスクを書き出しています。

今ちょうど新居をリノベ中なので、決めなくてはならないことが次々と発生。ここに書いておけばふとした時に会話に出せるので、ギリギリまで忘れてたということが防げます

「そういえば今年のカレンダーまだ買ってなかった」という人、特に子育て中のご夫婦には本当におすすめ

ほぼ日のサイトでは既に売り切れですが、LOFTのネットストアならまだ在庫がありますよ~(1月24日現在)。

あわせて読みたい:



ほぼ日ホワイトボードカレンダー 2019[ほぼ日]

sato

ライター/コピーライター。広告制作会社と化粧品メーカー宣伝制作部を経てフリーランス。2ヶ月間旅に出てみたり、2泊3日で山に登ってみたり、家ソトも大好きだけど、いちばんのお気に入りスポットは我が家のソファーの上。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking