9

通勤、通学、ジム通い。どこへ行くにも持ち歩くのが水筒です。

私の暮らすNYでも、ほぼ全員が自分のボトルを持っているんじゃないかと思うほど。

ボトルをあえて薄くする。逆転の発想

そんな中、最近至るところで使っている人を見かけるのが、このオーストラリア発のMemobottle

オーダーするとこんなスタイリッシュなパッケージで届きます。

素材はイーストマン社製のTritan(トライタン)という耐久性のあるプラスチック

人体にも安心のBPAフリーなのも嬉しいですね。

カバンに入れてみると…

早速水を入れて、リュックに入れてみました。通勤通学、カバンがかさばるボトルゆえに、薄型は確かに便利

筒型だとなかなかスペースが見つからないけど、薄型のMemobottleならスペース確保がスムーズです。

荷物の重さが偏らないのもよきですね◎

きっと誰かにあげたくなる

フタはホワイトとブラックがそれぞれ1個ずつ。気分によって変えることができますよ。

中身を少なめに入れれば、冷凍も可能。プレゼントにも喜ばれそうなデザインですね。

残念なところ:ぬるくなる

保冷・保温機能はないので、当然ぬるくなります。プラスチックなので、そこは期待してはいけませんね……。

結露しそうなので、冷たい水も避けています。

そして、A5サイズは750ml入るので結構などっしり感……。A6サイズもあるので、そっちでよかったかも。

まず人とかぶらないね

とにかく変わったデザインで面白いです。

価格は税込4,450円とそれなりにしますが、一味違ったアイテムが気になった方はぜひ。

メモボトル[amazon]

100回以上の人気連載「マイ定番スタイル」では、私たちの暮らしを変えてくれそうなアイテムを実際に買ってレビューします。

あわせて読みたい:



一部image:amazon

Ranking